DMA-_MG_1319_s
2018.09.29

チョコレート好きなあなたに! やっぱりチョコが好き!カカオの香りにうっとり。手土産にも喜ばれる東京都内おすすめショコラトリー3店

カカオ豆の選別からチョコレートになるまでの製造工程を一貫して行う「ビーントゥバー」。お土産にもぴったりなボンボンショコラや生菓子のほか、ソフトクリームにグラノーラなども楽しめる。カカオの風味や味わいがダイレクトに反映されるビーントゥバーで、その時々の素材の味に触れてみてはいかがですか?

1.〈green bean to bar CHOCOLATE〉/中目黒

中目黒 〈green bean to bar CHOCOLATE〉

2015年11月にオープン。カカオ豆がチョコレートになるまでの全工程を店舗内で手作業で行う。「おすすめは濃厚なチョコレートタルトやプリン。カフェでは、ワインやシャンパンとのペアリングも楽しめます」(スイーツジャーナリスト 平岩さん)。

DMA-_MG_1319

タブレットのほか、自家製チョコレートを使った生菓子や焼き菓子も。タブレットの隣に、実際に使用しているカカオ豆も展示。ブラジル産とドミニカ産の豆で色やサイズが違ったりしていて、マニア心がくすぐられる。

(Hanako1126号掲載:photo:Kenya Abe text:Eri Tomoi)

2.〈CRAFT CHOCOLATE WORKS〉/池尻大橋

DMA-_MG_0883

2015年9月オープンのビーントゥバー専門店。カカオソフトクリームは「その時々で使うチョコレートを替えていて、どれもカカオニブトッピングがおすすめ」。

DMA-_MG_0862

テーブルに並べられたタブレットは、パッケージの色で味わいのイメージを表現している。フレーバーは計12種類。タブレットのほか、ビーントゥバーチョコレートが入ったグラノーラや、カカオニブも人気。

(Hanako1126号掲載:photo:Kenya Abe text:Eri Tomoi)

3.〈xocol〉/等々力

等々力 xocol

2013年オープン。店内に入ってドアを閉めると、グリーンがディスプレイされた心地いい空間を独り占め。洗双糖のジャリッとした食感が特徴のコイン型チョコレート「美しい鳥 ケツァール」や、国産蜂蜜とカカオを練りあわせた「蜂蜜とショコル」など、「味わいもネーミングも独創的な商品を選びながら、代表の君島香奈子さんとのトークを楽しんでみては」。

チョコレートにピスタチオ、ドライフルーツなどがぎっしりと詰まった「サラミブーケ」1,250円
チョコレートにピスタチオ、ドライフルーツなどがぎっしりと詰まった「サラミブーケ」1,250円

チョコレートにピスタチオ、ドライフルーツなどがぎっしりと詰まった「サラミブーケ」1,250円。

(Hanako1126号掲載:photo:Kenya Abe text:Eri Tomoi)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る