お店自慢のあったかメニューにほっこり。寒い日こそ行きたい東京都内のあったかおすすめ店って?
2018.09.30

知って損はないあったかグルメ。 お店自慢のあったかメニューにほっこり。寒い日こそ行きたい東京都内のあったかおすすめ店って?

本格的に寒さが厳しくなってきました。この時期におすすめしたい、東京都内にあるあったかグルメ店をピックアップ!お店自慢のあったかメニューで、身も心もほっこりしちゃいましょう。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.【閉店情報あり】新鮮な魚介のエキスたっぷりのスープは飲み干したいほど美味。〈CAPRICCI〉/渋谷

23231423_1445077788943404_2190748840537824049_n

アマルフィ海岸の町「ポジターノ」にあるイタリアンレストランの日本1号店。

23319493_1445077868943396_8322757045661627260_n

長崎をはじめ契約漁港から直送されるホウボウや鯛などの一本魚を丸ごと使ったのが「本日の鮮魚のアクアパッツァ」2,480円。鮮魚と貝類、トマト、ニンニクなどを白ワインで蒸し煮に。スープの上品なコクがたまらない。

【閉店情報あり】〈CAPRICCI カプリッチ〉
■東京都渋谷区渋谷2丁目21−1渋谷ヒカリエ6階
■TEL:03-6434-1471
■11:00~22:00LO
■52席/禁煙

(Hanako1152号掲載/photo : Michi Murakami text & edit : Emi Suzuki)

2.一家で受け継ぐ味。〈食事処 まえ田〉/浅草

DMA-IMG_0298

明治42年に茶屋として開店。店頭で作るおでんと牛すじ煮込みは、店を営む前田一家が受け継ぐ味。「おでんは代々の好みで味が変わってきた。

DMA-IMG_0317

先代はかなり濃かったけど、今は薄め」と4代目の幸子さん。その通りしっかりダシが染みているが、厚めの大根にふわふわのはんぺんと、素材の味がいきいき。牛すじ煮込みの中は大ぶりにカットしたスジとコンニャクのみ。濃すぎずホロホロっと味わい深い。茶色いザラメと醤油で煮込む「牛スジの煮込み」550円は父の直伝。

(Hanako1144号P37掲載/photo:Akiko Mizuno, Shinichi Yokoyama (Asada,Sankaku,Maeda) text:Wako Kanashiro)

3.自家製ソーセージとあつあつのポトフ。〈ビストロキッチン ルポン〉/西荻窪

DMA-0217hnk__0703_b
地下ながら開放的な店内。

吉祥寺のイタリアン〈東京基地〉でキャリアをスタートした鈴木秀輔さんは、恵比寿のおでん店〈羽重〉で料理チーフを務めた後、新宿〈mosh kitchen〉でソーセージづくりを修業。独立を決意した時に浮かんだのが、上京して初めて住んだ西荻窪。それまで30年以上スナックとして営業していたスペースをリノベーションし、広々とした空間に。これまでの経験を盛り込んだカジュアルなビストロをオープン。

DMA-0217hnk__0790_b
スペシャリテは、店内で作る自家製ソーセージを使った「ごろごろ野菜のポトフ」880円

スペシャリテは、店内で作る自家製ソーセージを使ったポトフ。ジャガイモを混ぜたボリューミーなソーセージと、洋風ダシの染みた野菜にほっこり。ドリンク担当には、鈴木さんと同じく〈東京基地〉出身の倉松丈二さんを迎えた。フルーツや野菜を漬けた自家製ビネガーで作る「ルポン酢サワー」が名物。

(Hanako1129号P87掲載/phot:MEGUMI(DOUBLE ONE) text:Kahoko Nishimura)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る