鎌倉で美味しい和食を味わおう。地元でも人気を集める鎌倉のおすすめ和食店2軒
2018.09.29

鎌倉を一日中満喫したい! 鎌倉で美味しい和食を味わおう。地元でも人気を集める鎌倉のおすすめ和食店2軒

来たからには、鎌倉ならではの味を堪能したい。お昼はランチタイムで、憧れのお店のコースも射程圏内。夜はしっぽり大人好みの雰囲気で、お酒片手に手の込んだ料理を堪能。お魚と野菜がおいしいと、地元っ子に評判のお店をご案内します。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.女性料理人ならではの、身も心もほっこりする和食。〈空花〉/長谷

ATARI-0115atari

築90年を超える古民家をモダンに改装した店内でいただくのは、引きたてのダシと炊きたてご飯にこだわった、体にも心にも優しい和食。お米は季節に合った味わいのものを厳選。魚は三崎の朝獲れ、野菜は鎌倉産を中心にと、旬の食材を手間をかけ丹精込めてひと皿に仕上げていく。美しい器に盛られた料理の数々に、季節を五感で味わう日本料理のエッセンスが詰まっている。要予約。

ATARI-0093atari

三ツ星日本料理店〈元麻布かんだ〉で修業を重ね、銀座の〈アコメヤ厨房〉で料理長を務めた脇元かな子さん。独立時には、「自然に囲まれた豊かな土地でお店をやってみたくて」鎌倉を選んだのだそう。

IMG_0137

ランチコース1品目の「季節の八寸・五品」。トウモロコシの真丈、鰹のお造りクレソンのせ、トマトとアスパラガスとスナップエンドウの白和え、焼きナスと蒸し鶏とうどの梅胡麻ソース、太刀魚とオクラの天ぷら。内容は季節替わり。「ランチコース」3,300円。

(Hanako1135号掲載:photo : Shin-ichi Yokoyama text : Riko Saito)

2.大将が目利きして選ぶ天然の活魚。〈活魚料理仲の坂〉/鎌倉駅西

nakanosaka-037_atari

駅前だが、静かで落ち着いた雰囲気。店内に生け簀があり、活きの良い魚介類が味わえると評判の一軒。

nakanosaka-012_atari

大将の熟練した技が見られるカウンター席が特等席。若い頃、磯釣りにハマっていた大将は、魚の知識が実に豊富。市場から天然の魚を届けてもらったり、地元の小坪港に赴き、活魚などを仕入れる。産地にもこだわっているため、全国各地の漁師から直送してもらうことも!それらを見事な包丁さばきで調理し、薄造りや煮つけ、唐揚げなど、一番おいしい調理法で提供してくれる。

DMA-nakanosaka-027

カリッと揚がった「かさご唐揚げ」2,160円~、ねっとりとした食感の「かつお刺身」1,400円、「野菜のぬた」860円

(Hanako1135号掲載:photo : Kayoko Aoki text : Emi Suzuki)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る