topOUIOUI28_atari1
2018.09.26

日が暮れて帰ってしまうのはナンセンス! 鎌倉でとっておきのディナーを。旬の料理とワインが楽しめる、地元に愛される美味しいビストロ3軒

せっかく鎌倉に来たのなら、夜までたっぷり満喫するのがおすすめ!観光客が帰った街は、昼間とまるで別の雰囲気に。一品料理が豊富で、お品書きを見るだけで食欲が湧くような、おいしいビストロを見つけました!

1.鎌倉グルマンの心騒がす人気店が移転オープン。〈Oui Oui〉/小町

OUIOUI56_atari

新たな店は小町通りと若宮大路をつなぐ路地沿い。かつて氷店だった木造家屋をリノベーションして、2階を広々としたフロアとキッチンに。おかげで料理の幅も広がったとシェフ。その日に揚がった地魚や鎌倉野菜に国内外から届く上質食材を組み合わせた料理は、これ目当てに鎌倉に来てもいいクオリティ。なのにお値段手頃で肩肘張らない。しかもワイン1杯からもOK。地元に愛されるのも納得だ。1階では自家製サンドイッチやキビヤのパンを販売。イートイン席も。

「リー・ド・ヴォーのフリカッセ」2,000円
「リー・ド・ヴォーのフリカッセ」2,000円

プリッとふんわり、ミルクの香り。色鮮やかな野菜もたっぷり。

「パテ・ド・カンパーニュ」800円
「パテ・ド・カンパーニュ」800円

ざっくり粗挽きで肉々しい食感。

(Hanako1135号掲載:photo:Kanako Nakamura text:Mutsumi Hidaka)

2.立ち上る湯気もごちそうのココット料理を。〈BISTRO AMPERSAND〉/大町

2da8cdbe7f660ad8504e67bae25d3962

店名は“&”の英語読み。生産者と食べ手を料理でつなぎたいと命名された。〈ホテル日航東京〉でシェフを務めた間中航さんの店の看板はココット料理。鎌倉や三浦半島をはじめとする各地の農家や漁師の思いが詰まった食材の力を、最大限に活かしてくれるのがココット鍋なのだという。熱々で運ばれてくるココットの中身は野菜も肉も魚もゴロリと大ぶりで、素材の風味を逃がさない。豪快にして繊細な味わいは、シェフが吟味する自然派ワインと相性ぴったりだ。

「自家製シャルキュトリーの盛り合わせハーフ」800円
「自家製シャルキュトリーの盛り合わせハーフ」800円

鶏白レバーと無花果のテリーヌなど5種が楽しめる。

「鮪のカマと鎌倉野菜のココット焼き」1,800円
「鮪のカマと鎌倉野菜のココット焼き」1,800円

(Hanako1135号掲載:photo:Kanako Nakamura text:Mutsumi Hidaka)

3.料理とワインの幸せな出会いに時間を忘れる。〈Wine & Food Spirit〉/御成

spirit03_atari

ワイン専門店〈湘南ワインセラー〉によるビストロが開店して半年。オーナーソムリエの花里誠一さんが選りすぐった自然派ワインを楽しめると地元でも話題に。希少なワインや注目の作り手の一本も、リーズナブルな価格でスタンバイ。ハーブやスパイスでメリハリを効かせた料理、インポーターから引っ張ったとびきり上等なチーズやハムとのマリアージュで、おいしさは三倍増しに。グラスは常時赤白各5種600円~で、その日のお勧めを黒板に記載。ボトルはショップ価格+1,000円で提供。

「フォアグラのテリーヌ」1,000円
「フォアグラのテリーヌ」1,000円

葉野菜サラダと自家製ピクルス添え。

「豚リエット」600円、「本日のキッシュ」650円(各税込)
「豚リエット」600円、「本日のキッシュ」650円(各税込)

(Hanako1135号掲載:photo:Kanako Nakamura text:Mutsumi Hidaka)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る