180221_103atari-1
2018.09.25

汗をかきつつ、恋の悩みも忘れて。 注目集まるインドカレー。女子でも気軽に行ける、東京都内の美味しいインドカレー店が知りたい!

インドカレーにハマる女子急増中!?今回は、東京都内の美味しいインドカレー屋さんをピックアップ。ランチはもちろん、ディナーや女子会にもオススメなお店です。

1.スパイスが芳しく香る本格派〈大岩食堂〉/西荻窪

bb177520c69996dd15b71a45360c19df1

南インドのカレーを中心に、シンプルなスパイス使いのスリランカや、北インド料理をヘルシーに工夫したメニューが並ぶ。

ミールス980円~。広島産カキカレー、ジャガイモのホワイトカレーなど。自家製スパイシーかぼすサワー600円
ミールス980円~。広島産カキカレー、ジャガイモのホワイトカレーなど。自家製スパイシーかぼすサワー600円

ミールス980円~。広島産カキカレー、ジャガイモのホワイトカレーなど。自家製スパイシーかぼすサワー600円。

広島産の大粒のカキがごろっと入った「カキのカレー」や、上質なイカが手に入った時に登場する、トマトベースのスリランカ風「イカのカレー」なども。スパイスの鮮烈な香りに高揚しつつ、食べると胃にスッとしみこむ味の虜に。

0cd1d04afcf6475556e23c054b7414681

ミールスは、本日のカレー&おかずから1品選ぶと980円~、2品1,260円~、3品1,530円~。全品テイクアウト可。

(Hanako1151号掲載/photo : Michi Murakami, Kanako Nakamura text : Yumiko Ikeda)

2.女同士の恋愛反省会は、カレーの店がお約束。〈Bangera’s Kitchen〉/銀座

180221_097atari

南インド料理が一大ブームを巻き起こしたのは、2000年代に入ってすぐ。次々とレストランが数を増やし、銀座界隈は特に実力店が多く集まるエリアに。今年1月にオープンしたこちらは、食の宝庫とも例えられる、南インドのカルナータカ州・マンガロールの料理をフィーチャーしたお店。

180221_103atari

まずはスターターに、伝統料理の「チキンウルワル」(上中央)を。数種のスパイスとカシューナッツでチキンを炒めたドライタイプの料理で、チリの辛さとフレッシュカレーリーフの爽やかさが、スパイス好きの胃袋を鷲づかみに。マンガロールはアラビア海に面した港町のため、魚介類も豊富に使う。名産品のココナッツとスパイスでハマグリを炒めたり(同右)、カサゴのセモリナ粉フライがあったり。「スッカ」「ガッシ」など、聞き慣れない謎めいたメニュー名が興味をそそり食欲に火をつける。「辛い! おいしい! スパイシ~!」と、汗をかきつつお酒を飲むうちに、恋の悩みも忘れてさっぱり発散できるかも!?

中央の丸皿は「こだわりのフィッシュターリ」2,685円。皿の中央はブラウンライス。フィッシュビリヤニも人気。

(Hanako1153号P68掲載/photo : Akira Yamaguchi text : Yumiko Ikeda)

3.ケララ出身のシェフが、昔から親しんできた故郷の味を再現。〈SOUTH PARK〉/観音裏

DMA-SouthPark-002

ケララ料理は、ココナッツをベースに、スパイスを使った、まろやかな辛さが特徴。

「ケララミールス・ベジ・スペシャル」ランチ1,200円(税込)。ケララ伝統のピクルスも美味。
「ケララミールス・ベジ・スペシャル」ランチ1,200円(税込)。ケララ伝統のピクルスも美味。

「ケララミールス」は、さまざまなおかずが楽しめる現地の定食。バナナの葉にのったご飯や、米粉と豆粉で作る「ドーサ」と、おかずを混ぜて召し上がれ。

(Hanako1146号掲載/photo : Kayoko Aoki text : Emi Suzuki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る