日当たり抜群!テラスで美味しいランチが自慢。東京都内のおしゃれカフェ3軒
2018.09.26

秋空の下、美味しいランチ。 日当たり抜群!テラスで美味しいランチが自慢。東京都内のおしゃれカフェ3軒

夏の照りつける暑さが落ち着き、柔らかな日差に秋の訪れを感じるこの頃。そんな秋空のもと、美味しいランチが食べられるお店を3軒お届け。開放的な空間が魅力のお店はリピート間違いなしです。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.ポップなお店で一汁三菜。この意外性が粋。〈IKI-BA〉/表参道

DMA-ikiba_0011

若手シェフや飲食店の登竜門的存在の屋台村〈@COMMUNE 2nd〉に今年1月、原宿からお引っ越し。ご飯ものを出しているようには見えないが、農家直送の食材を使った定食はオールデイで。漁師から買い付けた鮮魚やジビエなど、入荷状況により内容が変わり、毎日通う常連客も多い。

DMA-ikiba_0016

「IKI-BA定食」。内容は毎日変わり、この日は鹿児 島産太刀魚の炙りと大根のペペロンチーノ風など。米は新潟〈かやもり農園 〉のコシヒカリ。950円。

DMA-ikiba_0015

(Hanako1146号P58掲載/photo : Michi Murakami
text : Hiroko Yabuki)

2.人と人をつなぐ、町のスープ屋さん。〈also Soup Stock Tokyo〉/自由が丘

DSC8580
「赤ワインのボルシチ」1,450円

女性は馴染み深いであろう、人気スープ店〈スープストックトーキョー〉による新店舗がこちら。「スープのある一日」というコンセプトはそのままに、自由が丘の町になじんで、ゆっくりと、各々の時が過ごせるように設計されている。

メインのスープに、一口スープ、小さな野菜の前菜が2種類ついたブランチプレート。パンもしくはキヌア入りのごはんが選べる。「赤ワインのボルシチ」1,450円

DSC8620

自由が丘駅近く、人通りの多い繁華街に現れるガラス張りの3階建てのこちらのお店。外が気持ちのいい季節には、1階が土間のように全面オープンに。日当たりのいい空間は天井も高くて開放的で居心地最高。

(Hanako1120号掲載:photo:Taro Hirano text:Asuka Ochi)

3.気軽な雰囲気だって、肉をがっつり。〈両国テラス〉/両国

ryogoku-013

旧安田庭園を借景にしたテラス席が、冬場はコタツ席に大変身。幅広くメニューをそろえる中で、支持率が高いのはボリューム満点の肉料理。牛リブアイロースのグリルは、赤身と脂のバランスがよく、うま味が濃い! ガシガシと肉を食べたい欲を満たしてくれる。

DMA-ryogoku-024
「USリブアイロースのグリル」(250g)1,750円

写真は「USAリブアイロースのグリル」(250g)1,750円。グレイビーソースが添えられてくる。

ランチはアスリート食堂定食970円(税込)など。半熟卵を崩して食べる、スモーキーなベーコンたっぷりな「半熟卵のシーザーサラダ」(Sサイズ)780円もおすすめ。冬も屋外テラス席(コタツ付きテーブル)で BBQプランが人気(4名以上、3日前までに要予約)。

(Hanako1127号P34掲載/photo:Kayoko Aok(i P.34), Kanako Nakamura(P.35) text:Yumiko Ikeda )

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る