_DSC0025.eps
2018.09.24

まるで現地にいるみたい! やみつき間違いなし!絶品エスニック料理を楽しめる、東京都内おすすめアジアン料理店3軒

酸いも甘いもしょっぱいも、一度食べたらクセになるアジア料理。近年人気のシンガポール料理やおだやかな味つけで日本人にも親しみやすいベトナム料理屋、食べたことない珍しいフィリピン料理も。アジアごはん好きがおすすめする、都内のおいしくて個性的なお店をご紹介します。

1.シンガポールの味がそのまま味わえる!〈威南記海南鶏飯 日本本店〉/田町

ToT-7651_atari

シンガポールで大人気のチキンライス屋さんの日本上陸1号店。店で出すメニューは本国のお墨付きを受けたものだというから、本場感は保証済み。大きな窓から見える南国風の植栽にも癒される。

17a34a9b9a64e58a07b69d1754f88026

「BBQ&ローストポークヌードル」(1,800円)は日本では本店限定。クリスピーローストポークとチャーシューの2種の豚肉に大満足。

(Hanako1140号掲載:photo : Yoko Tajiri text : Kahoko Nishimura edit : Mick Nomura)

2.フィリピンのお姉さんも通うアットホームな雰囲気と味。〈ATE〉/西荻窪

MG_0221_atari

30年以上前に来日し日本に帰化したオーナーシェフの竹内真弓さんは、西荻窪界隈に住むフィリピン人たちのお姉さん(アテ)的存在で、ご本人同様、店もアットホーム。

DMA-_MG_1901

「アドボマノック」(前・950円)は飲食店を経営していた祖母直伝の特製ソース版アドボ。「トクワバボイ」(奥・700円)は豚のカシラと揚げ豆腐のさわやかな冷製おつまみだ。

(Hanako1140号掲載:photo : Jiro Fujita text : Mick Nomura edit : Mick Nomura)

3.南部で有名な海鮮鍋は野菜も豊富で女子向き!〈Nhà VietNam〉/恵比寿

DSC0020_atari

ベトナム大使館の依頼を受けて開店した店。厨房にはホーチミンの五ツ星ホテル〈リバティ〉の総シェフも務めたカイン氏。

本場の食材を使い現地の味を守った料理の中でも、おすすめは酸っぱくて辛い魚鍋「ラウ・カー・チュア ・ カイ」(1人 1,450円 )
本場の食材を使い現地の味を守った料理の中でも、おすすめは酸っぱくて辛い魚鍋「ラウ・カー・チュア ・ カイ」(1人 1,450円 )

本場の食材を使い現地の味を守った料理の中でも、おすすめは酸っぱくて辛い魚鍋「ラウ・カー・チュア ・ カイ」(1人 1,450円 )。 麺は〆ではなく椀に入れて熱々のスープや具と一緒に楽しむのが特徴。

(Hanako1140号掲載:photo : Tomo Ishiwatari edit : Mick Nomura text : Kimiko Yamada)

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る