マグロで有名!【三崎】のおいしい海鮮料理が楽しめるおすすめ店とは?
2018.10.04

元祖かぶと焼きから、刺身定食まで。 マグロで有名!【三崎】のおいしい海鮮料理が楽しめるおすすめ店とは?

おいしいマグロの産地として有名な、湘南の先、三浦半島南端の三崎港。今回は元祖かぶと焼きや刺身定食など、おいしい海鮮料理が楽しめるおすすめの鮮魚店直営食堂と老舗割烹旅館をご紹介します。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈まるいち食堂〉

ATARI-0795

毎朝三崎港に水揚げされる地魚や三崎のシンボル・上質のマグロは味もボリュームも大満足。

ATARI-07401

中トロ上、イカ、旬の地魚3種の刺身にあら汁や小鉢がついた特選5点盛り定食1,800円などのほか、鮮魚店で魚を選んで刺身や焼きなど調理法を指定して味わうこともできる(調理代別)。

2.〈三崎館本店〉

ATARI-1088

昭和初期に建てられた木造3階建ては、今や三崎の財産。ここで見逃せないのが元祖かぶと焼。

ATARI-1022

元祖鮪のかぶと焼(小)10,000円は3~4人前(要予約)

元はマグロ漁船でマグロの頭をエンジンの煙道に吊るして蒸し焼きにしたもの。これを先代の主人がアレンジした。目玉の奥のゼラチンやホホ肉、顎の内側まで食べ尽くすべし。

ATARI-0980
まぐろ御膳2,500円

鮪の心臓のしぐれ煮、めばち鮪の刺身、鮪のホホ肉照焼、鮪の尾の身の天ぷらなどマグロづくし。

(Hanako1163号/photo : Shin-ichi Yokoyama text : Mutsumi Hidaka edit : Akio Mitomi)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る