【代官山】ロティサリーチキンにカジュアル飲みも。カフェ・バル〈Rôti CHEZ LUI〉が使い勝手抜群!
2018.09.16

代官山飲みのニューアドレス! 【代官山】ロティサリーチキンにカジュアル飲みも。カフェ・バル〈Rôti CHEZ LUI〉が使い勝手抜群!

フランス菓子とパンの〈シェ・リュイ〉姉妹店カフェが、ロティサリーチキンやカジュアル飲みが楽しめるカフェ・バル〈Rôti CHEZ LUI〉としてリニューアル!代官山飲みのニューアドレスとして、重宝しそうな予感!?

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

食事もお茶もサク飲みも!駅そばの休憩スポットへ。

左から、池上明花さん、小山怜子さん。

自然光が入る明るい店内は、バータイムも入りやすい雰囲気。

創業43年のフランス菓子とパン店を母体にもつカフェが、いつでも寄れる気軽さはそのままに、使い勝手がアップ。カウンター内で目をひくのが、専用オーブンでくるくると回転しながら焼き色をまとっていく「プレロティ(ロティサリーチキン)」。

オープンキッチンの専用オーブンで、「プレロティ(ロティサリーチキン)」が次々に焼き上げられる。

秘伝の調味料でマリネした鶏モモ肉を一晩寝かせた翌日、皮目はパリッと身はジューシーに焼き上げる。

プレロティガルニ1,100円(各税込)。テイクアウト可。

一日中いつでも食べられて、1本からテイクアウトOK。ひとくちサイズのタパスをつまみながら飲んだり、夜スイーツを目指して帰宅前に寄ったり。

ビオワインは、グラス500円、ボトル3,600円~。ワインとタパスでちょい飲みもOK。

タパスは1品300円~。トマトのファルシ、ズッキーニ&ベーコン焼きなど。

デイタイムメニューの、鶏肉のバスク風トマト煮込みクスクス添え1,200円。

パッションフルーツのクレームブリュレ600円。ティータイムや食後のデザートに。

夜が早いイメージがある代官山だが、「ふらりと気軽にのぞいてほしい」と、店長の斉藤康子さん。自由度の高さは重宝すること間違いなし。通りを挟んで斜向かいにある本店とともに、代官山のランドマークになる日も近い!?

〈Rôti CHEZ LUI〉
■東京都渋谷区代官山町17-5 代官山アドレス2F 
■03-5428-6448 
■11:30~22:30LO(ドリンク23:00LO)、17:00にデイタイムからナイトタイムにチェンジ 第2・4火休 
■38席/分煙

(Hanako1164号掲載/photo : Kayoko Aoki text : Yumiko Ikeda)

編集部

最近代官山ならブルージャムカフェが好き!

TOPに戻る