のんびり夜カフェを叶える。癒しの街【吉祥寺】のおすすめゆったりカフェ3軒
2018.09.18

おひとりさまから、デートにも。 のんびり夜カフェを叶える。癒しの街【吉祥寺】のおすすめゆったりカフェ3軒

Hanako『吉祥寺だから、かなうこと。』『クセになるよね、吉祥寺』の充実した紙面より、今回はちゃんと夜もやっていて、ご飯やスイーツを頂けるカフェをピックアップしてみました。1人でふらっと寄りリッラクスタイムを過ごすのも良し、友達とまったりおしゃべりするのにも良し、そんなとっておきのカフェです。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈Boutiqueと食堂  パリ・ニューヨーク・トーキョー〉

ゆったりと配置されたテーブルや高い天井が生む居心地のよさに、つい長居をしてしまうこのカフェは2017年8月にオープン。ちょっと不思議な店名は、長年アパレルにたずさわってきたオーナーの佐野公幸さんと深い縁のある街の名前から。お昼はシンプルなラインナップながら、コーヒーや紅茶をはじめ食材はすべてオーガニックにこだわり、武蔵野の地産地消も意識したもの。

「ナスとじゃがいものチーズ焼き」1,500円。サイドのキャロットラペやクスクスにもきちんと手をかけている。

(Hanako1151号掲載/photo:Shin-ichi text:Riko Saito)

2.〈Komagura cafe〉

2016年の夏、惜しまれつつ閉店した井の頭公園近くの小さなカフェ〈キビカフェ〉。その店主の一人である吉田恭子さんが2016年11月、新たにカフェを開いた。

デザートだけでなく食事もファンが多い。お食事セットより「豚と白いんげん豆の白ワイン煮ごはん」。サラダ、食後のドリンク付きで1,300円。

(Hanako1129号掲載/photo:Masahiro Tamura text:Yoko Fujimori)

Komagura cafe

Komagura cafe

  • カフェバー
  • 吉祥寺駅

3.〈オーケストラ吉祥寺〉

ひとつひとつ形やサイズが違う椅子は、アンティークや北欧のものが中心。座り心地のよさに、時間を忘れてしまう。ランチは予約が確実。

カウンターでひとりごはん、テーブル席でランチ女子会など、自由に楽しみたい。

(Hanako1151号掲載/photo:Shin-ichi text:Riko Saito)

編集部

夜に無性にカフェに行きたくなる時、ありますよね?

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
seibu_sidebar
TOPに戻る