レトロな雰囲気がたまらない!東銀座ディナーにおすすめ。とっておきの洋食店とは?
2018.09.12

愛され続ける美味しさがここにある。 レトロな雰囲気がたまらない!東銀座ディナーにおすすめ。とっておきの洋食店とは?

東銀座でディナーにオススメなのは、レトロ洋食店。この地で昔から愛され続ける理由は、変わらないおいしさとクオリティの高さ。もちろんお店の雰囲気も抜群。一度は訪れてほしい、とっておきのお店をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.ホワイトソースと和素材の妙。ご飯に似合いの懐かしの味!〈銀之塔〉

質蔵を改装したという風情漂う店構え。昭和30年の開店以来、メニューは「シチュー」と「グラタン」の2種類のみ。

「グラタン」1,900円(税込)自家製ホワイトソースにパルメザンチーズをかけ焼き上げた。小鉢3品とお新香、ご飯付き。「グラタン」はマカロニを使わず、ご飯と一緒に食べるのが創業時から変わらぬ独自のスタイル。バターたっぷりのホワイトソースに、エビとしいたけをごろりと加えて和の風味をプラス。どこか懐かしい味わいに、やみつきになること間違いなし。

(Hanako1130号掲載/photo:Michi Murakami, Eriko Matsumoto text:Etsuko Onodera)

銀之塔

銀之塔

  • 洋食
  • 東銀座駅

2.看板メニューのオムライスを550円で提供する老舗洋食店〈フランス料理 蜂の子〉

店は5年前に大掛かりな建て替えをした。それでも、ランプシェードや柱など、生前、平一さんが愛したインテリアは大事に残している。古き良きものを大切にする、店主の心を感じられる洋食店だ。創業約70年の〈フランス料理 蜂の子〉の看板メニューは「オムライス」。

卵には牛乳とマヨネーズを少しだけ。デミグラスソースの料理と併せて食べても重くならないように、チキンライスの中身は肉と玉ねぎのみ。シンプルで、飽きないプロの味を、なんと550円で味わえる。「主人がみんなに食べてほしいと大切にしていたメニューだから。これだけはずっと値上げしないでいるの」と名物マダムの平澤智枝子さん。

(Hanako1142号掲載/photo : Akira Yamaguchi)

編集部

愛され続ける秘密は、店主の真心にありました。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
日比谷のまちを、おいしく生きる。
TOPに戻る