一度は堪能したい美しいパフェ4選。【京都】大人ときめくパフェをたっぷりと堪能。
2018.10.01

抹茶パフェも外せないけど… 一度は堪能したい美しいパフェ4選。【京都】大人ときめくパフェをたっぷりと堪能。

これまで甘味処やフルーツパーラーが人気の主流だった京都に、大人が夢中になる、新しいパフェがお目見え。SNS映えするビジュアルはもちろん、一過性のブームで終わらせない、また来たくなるおいしさこそ、京都の真骨頂。次の京都は、パフェのついでに散策するくらいの気持ちで。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.全制覇したくなる、ここだけの、感嘆の洗練度。〈SUGiTORA〉

DMA-_KOD2411

クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー銀賞に輝いた杉田晋一さんが、両親が営んでいた果物店〈スギトラ〉の名を受け継ぐジェラート専門店。

DMA-_KOD2380

「桃とサバランのパフェ」は、桃とミント×ミルクの2種類のジェラートと赤ワインのババが珠玉のバランス。経験をフルに活かし、焼菓子まですべて自家製。次はマンゴー×ライチ。一年中、楽しみが続く。

DMA-_KOD2403
8月初めまで。1,600円(各税込)。桃のピークに向かって果実味も増していく。

ジェラートはシングル400円、ダブル500円。近々、急速冷凍でテイクアウトも可能に。ショコラなど定番パフェも。

(2017年9月1日ムックHanako sweets掲載/photo:Masahiro Kouda text : Aki Miyashita)

2.きな粉の知られざるおいしさに感激必至!〈吉祥菓寮 祇園本店〉

DMA-_KOD2352

江戸中期から節分の豆を扱ってきた老舗直営。「きな粉を味わってほしい」と、ケーキを作る感覚で、パティシエが完成させたパフェは、きな粉観が変わるおいしさ。

DMA-_KOD2337
焦がしきな粉パフェ1,080円(税込)。黒みつときな粉を別添えで。1日50食限定

豆乳ブラマンジェ、ほうじ茶ゼリーなどのシンプルな甘味に、好きなだけきな粉を追いがけ。ハッとするほど豆の風味豊かで、香ばしく、最後までさらりと。

DMA-_KOD2317

100℃以上の高温で深煎りするきな粉が主役。大豆生まれの豆乳ブラマンジェとも抜群の相性。きな粉は1階で購入も。

(2017年9月1日ムックHanako sweets掲載/photo : Masahiro Kouda text : Aki Miyashita)

3.甘味をちょっとずつ盛り込んだ、欲張りパフェ。〈祇園下河原 おりじん〉

DMA-_KOD2267

通り過ぎそうな細い路地奥に。京都で最も古い氷屋〈森田氷室本店〉が、氷の器のかき氷で知られる〈ページワン〉に続いてオープン。  

DMA-_KOD2304
抹茶パフェ1,200円(税込)。さくさく、ぷるぷる……、食感の変化にも心躍る。

人気の抹茶パフェは、宇治抹茶ソフトクリーム、わらび餅、焼きマシュマロ、ふるふるの生ほうじ茶ゼリーなど、少しずつ盛りだくさん。

DMA-_KOD2276

仕上げの直前、抹茶を点てるように白みつと合わす、別添えの抹茶みつで変化も楽しむ。フランスの〈テオドー〉の紅茶をそろえ、紅茶パフェやテイクアウトのソフトクリームも。

(2017年9月1日ムックHanako sweets掲載/photo : Masahiro Kouda text : Aki Miyashita)

4.元製茶場の和モダンなお屋敷カフェで、個性が光る上質な抹茶スイーツを。〈辻利兵衛本店〉

tsujiri-00091

江戸時代から続く茶商が、築100年の元製茶場を柱や梁を残してリノベーションし、カフェをオープン。前の日の晩から玉露の茶葉に氷をのせ一滴ずつ抽出する「玉茶」などの宇治茶をはじめ、妥協を許さぬ素材で作られる多彩な抹茶スイーツが楽しめる。

DMA-tsujiri-00061
茶葉を見るための拝見盆にうやうやしくのせられた「お濃茶パフェ 宇治誉れ」1,728円
tsujiri-0003-1

四季の彩り豊かなお庭を望める特等席も。

(Hanako1131号掲載/photo:Tamami Tsukui text:Rinako Sato(Rakutabi))

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る