_DSC5253-1.eps
2018.09.11

見たら即予約。 新鮮な鳥刺し、高コスパな焼き鳥!東京で見つけた絶品地鶏料理が自慢の居酒屋3軒

鮮度抜群の地鶏の鳥刺しや焼き鳥を食べるならHanako編集部おすすめの三軒で決まり!コスパ良し、味良し、雰囲気良しのお店で楽しいひと時を。

1.ボリューム満点、コスパ最高の焼鳥の虜。〈炭火焼鳥 太美屋〉/自由が丘

tabiya_0013atari

〝太くて美しい〟という店名は、佐瀬匠さんが毎日串打ちをして焼く串そのもの。「大きい方がふっくらと焼けて、鶏肉のうまみをしっかり味わえる」。初めて来た人はそのボリュームに驚くこと必至。

DMA-tabiya_0021

ひと串のサイズがとにかくビッグ!もも、せせり、やげん軟骨などをミンチにして、ゴルフボール大の団子を3個刺した「つくね」、レアに仕上げる「レバー」は必ず注文を。

DMA-tabiya_0039

炭火の焼き台からはみ出さないように、斜めに串を並べるのが〈太美屋〉スタイルだ。
串は手前から、つくね200円、レバー180円、ササミパクチー250円。1本から注文可。チリコンカン500円、生すだちサワー420円。山梨の信玄鶏を使用。「ササミパクチー串」は自家製パクチーソースと葉がどっさり。

(Hanako1143号掲載/photo : Kayoko Aoki text : Kahoko Nishimura)

2.鹿児島の新鮮地鶏を焼酎で。〈オオモリヤ〉/三軒茶屋

DSC5237-1

鹿児島産の鶏と卵を使った料理を目当てに、小さな店内がお客さんでいっぱいの〈オオモリヤ〉。

DMA-_DSC5253-1

甘みが効いた鹿児島の醤油「母ゆずり」との相性が抜群の「さつま知覧どりのお造り」は、柔らかくてさっぱりと食べやすい。そのほか、たまごサンドやたまごかけご飯も。焼酎「武家屋敷黒こうじ」520円と一緒に最高の居酒屋時間を。

(Hanako1122号P86掲載/photo:Kenzi Nakata text:Momoka Ohba)

3.朝じめの南部どりを炭火で焼き上げる。〈鶏慶〉/都立大学

DMA-_DSC3011

2014年オープンと比較的新しい店ながら、地元ファンを獲得している焼き鳥店。

DMA-_DSC9930

朝じめの南部どりを丸一羽から店内でさばいている。炭火で焼き上げる焼き鳥は200円〜。

(Hanako11120号P39掲載/photo:Maki Ogawara,Nagahide Takano text:Chihiro Kurimoto)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る