t18_0709_hanako_yakisoba_13977_atariatari
2018.09.05

元祖からアレンジまで! やみつきのおいしさ!埼玉・深谷の新ご当地グルメ「カレー焼きそば」のおすすめ店3軒

都内から電車で片道約1時間半、ショートトリップにぴったりな埼玉県深谷市で、新ご当地グルメ「カレー焼きそば」巡りはいかが?元祖からアレンジまで、まずおさえたいおすすめ店3軒をご紹介します。

1.〈割烹楓〉

18_0709_hanako_yakisoba_14018_atariatari

創業44年。普段のランチから宴会まで地元に幅広く親しまれ、メニューも選びきれないほど多種多様。漬物やドレッシングまで手作りなのは、地産野菜を余すところなく使いたいという愛情から。

〈割烹楓〉の「ふかやカレーやきそば」/埼玉

「ふかやカレーやきそば」550円のアクセントは、ネギを漬けた「ネギラッキョ」。ジャガイモもごろっと入っている。

EmptyName-96_atariatari

〈割烹楓〉
■埼玉県深谷市大塚334
■048-587-3260
■11:30~22:00 火休 
■40席(ほか宴会場あり)/喫煙

2.〈うまいもの研究所〉

18_0709_hanako_yakisoba_14350_atariatari

深谷駅前の屋台村〈ふっかちゃん横丁〉で「大ちゃん」と親しまれる高橋大介さんが切り盛りする店。

18_0709_hanako_yakisoba_14336_atariatari

「カレー焼きそば」700円は、セロリやトマト、唐辛子など約8種の食材をミキサーにかけてエキスを抽出し、オリーブオイルやニンニクでパスタ風に仕上げた入魂の一皿だ。生ビール500円(各税込)のお供に。

〈うまいもの研究所〉
■埼玉県深谷市西島町2-18 ふっかちゃん横丁内 
■090-6941-6002
■18:00~23:00 火休 
■7席/喫煙

3.〈Coffee Shop Que〉

EmptyName-84_atariatari

1989年から続く人気店を、3年前に芳賀真由美さんが引き継いで今の形に。常連客のリクエストでソース焼きそばにカレーをかけてみると、不思議と絶品!即メニュー入りを果たした「カレー焼きそば」680円は酒のつまみにも合う。

EmptyName-57_atariatari

家庭の味のチキンカレーが、スパイシーなソースとマッチ。

〈Coffee Shop Que〉
■埼玉県深谷市西島町2-1-1 
■048-572-6000
■11:30~15:00(火水木のみ)、19:00~24:00 日休
■31席/喫煙

(Hanako1161号掲載/photo : Maruo Kono text : Kahoko Nishimura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る