a687796f75a8c52bd323190da46c04d5
2018.08.26

暑い夏でも、和スイーツならペロリ! 【みはし・梅園・みつばち】一度は食べたい!愛され続ける老舗甘味処の名物あんみつ3選

さっぱりとした和素材を使ったスイーツなら、暑い夏でもペロリ!〈みはし〉〈梅園〉〈みつばち〉といった愛され続ける老舗甘味処の一度は食べたい名物あんみつをご紹介します。

1.〈みはし 上野本店〉/上野

上野 みはし 上野本店

観光客でにぎわう上野公園の近くに本店を構える〈みはし〉。今年で創業70周年を迎えるこの店のクリームあんみつやフルーツあんみつは、ソフトクリームを使用しているのが特徴。あんことの相性を考えたというソフトクリームは、まろやかな口当たりとさっぱりとした後味が魅力で、ぜんざいやくず餅とも合うのだそう。

季節ごとに旬のフルーツを取り入れたフルーツあんみつ790円
季節ごとに旬のフルーツを取り入れたフルーツあんみつ790円

大ぶりなフルーツやホクホクした食感の赤えんどう豆、自家製の求肥などがたっぷりと入っていて食べごたえ十分。なめらかなこしあんを使うのが〈みはし〉流。

テイクアウト販売しているメニューは東京土産としても大人気。夏季はかき氷も登場するので、暑い日の上野観光の休憩にもぴったりだ。

〈みはし 上野本店〉
■東京都台東区上野4-9-7
■03-3831-0384
■10:30~21:30 無休 
■70席/禁煙

2.〈梅園 浅草本店〉/浅草

925d80242d4ec1c3cbc9d07f6b2bafb3

1854年創業の老舗甘味処〈梅園〉。甘味のほか雑煮などの食事メニューも楽しめると、地元の人や観光客から大人気だ。国内外のお客さんから好評なのが白玉クリームあんみつと抹茶クリームあんみつ。昔ながらのホッとする味わいが歴史を感じさせる。

豊富な具材が入った白玉クリームあんみつ820円
豊富な具材が入った白玉クリームあんみつ820円

昔ながらのオーソドックスなバニラアイスを使った、シンプルで懐かしい味わいが魅力。素材の味を感じる寒天と白玉は自家製。中に入っている黒蜜が味のバランスを整えてくれる。

どら焼きや豆大福などお土産にぴったりなお菓子も充実しているが、食べ歩きに最適なのがアイスクリームをどら焼きで挟んだ「どら焼きソフト」。にぎわう夏の浅草をひんやりと冷やしてくれそう! 

〈梅園 浅草本店〉
■東京都台東区浅草1-31-12
■03-3841-7580 
■10:00~20:00 水不定休(祝の場合翌休) 
■82席/禁煙

3.〈みつばち〉/湯島

a277991dae5a8306ca7376c1fa075208

種類豊富なアイスクリームが店先に並ぶ〈みつばち〉。ここで100年以上にわたって愛され続けているのが小倉アイスだ。北海道産の小豆を使用し、乳脂肪分は一切入っていないというヘルシーなアイスクリームは、甘さ控えめで口当たりもさっぱり。最中に挟んでテイクアウトもできるが、定番人気は小倉あんみつや小倉白玉あんみつ。

小倉白玉あんみつ750円
小倉白玉あんみつ750円

小倉白玉あんみつ750円。北海道産の小豆や伊豆産の寒天、沖縄産の黒蜜と赤えんどう豆など、素材にこだわって作られた一品。ねっとりと濃厚な黒蜜はおいしさの秘密なので、アイスの上にトロリとかけて食べるのがおすすめ。

口の中でトロリと溶ける小倉アイスは、自家製あんこや抹茶求肥などの具材とも相性抜群。歴史を感じる店内でゆっくりと味わいたい。

〈みつばち〉
■東京都文京区湯島3-38-10
■03-3831-3083
■10:30~20:00 無休 
■25席/禁煙

(Hanako1162号掲載/photo : Kanako Nakamura text : Momoka Oba)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る