119
2018.08.26

ランチもディナーも満足間違いなし。 新大久保の魅力は、韓国料理だけじゃない。本格エスニック料理を楽しめるお店をチェック!

新大久保というと、韓国料理というイメージが強いはず。しかし、多様な文化を取り入れてきたこの街には、韓国だけでなくエスニック料理を楽しめるお店もあちらこちらにあるんです。本格的な味わいで愛されるとっておきのエスニック料理店をご紹介します。

1.本も出版している実力派タイ料理シェフの美しい皿。〈ソムオー 新大久保店〉

MG_1892_atari

契約農家で作られているこだわりの食材を使用しており、こだわりと本格的な味わでタイ国商務省認定店にもなっている〈ソムオー 新大久保店〉。

s_MG_1868_atari

自家製ハムにミント、パクチー、パクチーファラン、バジルをたっぷり合わせ、レタスでくるんでいただく「ネームクック」(右・1,600円)も、ソフトシェルクラブと色鮮やかな野菜の炒め物「パッキーマーオ・プーニム」(左・1,200円)も、新鮮なハーブと野菜の惜しげない使いっぷりがとにかく印象的。

(Hanako1140号掲載/photo : Yoichiro Kikuchi, Jiro Fujita text : Kahoko Nishimura, Mick Nomura edit : Mick Nomura)

2.ベトナムの家庭で愛される料理がそのままここに。〈ベトナムちゃん〉

DSC_8300_atari

ベトナムの北から南、高級料理から庶民派までくまなく食べ歩いたという店主。結果辿り着いたのが、熱々でおいしい家庭的なベトナム料理。

DSC_8397_atari

なかでもピーナッツだれで味わう「くらげのサラダ」(奥・950円)とタマリンドソースで仕上げた「ソフトシェルクラブ」(前・1,200円)は、本場ベトナム人シェフが送るこの夏の自信作。ぜひお試しを。

(Hanako1140号掲載/photo : Tomo Ishiwatari, Yoichiro Kikuchi edit : Mick Nomura text : Kimiko Yamada, Etsuko Onodera )

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る