朝食からデザートまで!持ち帰って食べたい、鎌倉で昔ながらの味を楽しめるお店4軒
2018.08.06

旅の後にも楽しみを。 朝食からデザートまで!持ち帰って食べたい、鎌倉で昔ながらの味を楽しめるお店4軒

家に帰った後も旅の余韻を楽しみたい…鎌倉には、お持ち帰りできる美味しいグルメがたくさんあるんです!鎌倉を知り尽くした「鎌倉遺産委員会」のメンバーが何度でも通いたくなるとっておきのお店をご紹介。懐かしさも感じられる、鎌倉の町の名物の決定版です!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.角食が一番のお気に入り。〈日進堂〉/大町

e1779bee1dbe348d4903c6e8ac9b21a8

1949年開業。鈴木のり子さんと7人のスタッフで切り盛りしている。

b4f520e2e3be9963191146a2c212a3c31
食パン(6枚切り)240 円(税込)

「しっとりとしてきめ細やかな食パン(角食)は、週末の朝ごはんの定番。買った日はそのままの食感を楽しんで、翌日はトーストしてバターと味わっています」(エディター、ライター 赤澤さん)。

〈日進堂〉
■神奈川県鎌倉市大町2-2-3
■0467-22-0479
■7:00~18:00
■無休

2.スーパーと比べて味が濃く新鮮。良心的な価格もうれしい。〈鎌倉市農協連即売所〉/若宮大路

dd32e7aec7b5b893549036018eea4805

早朝から活気がある場所。現在23軒の生産者がローテーションで少量多品種の“鎌倉やさい”を販売。「生産者から直接買うことができるから、珍しい野菜の食べかた、おいしい野菜の見分けかたをレクチャーしてもらえるのもいいですね」(フォトグラファー 大社さん)

〈鎌倉市農協連即売所〉
■神奈川県鎌倉市小町1-13-10
■0467-44-3851
■8:00頃~夕方頃(売り切れ次第終了) 
■無休

3.史上屈指のおいしさ。接客も家庭的であたたかい。〈御赤飯 亀屋〉/小町

cbee5c7543bf16c0c83de2beece72c38

62年の歴史を持ち、創業当時から伝わる製法で作り続けている。

be4a6772f24c1bbff93a1cecf763cb7c
赤飯 小310円、大430円(各税込)

「お赤飯が好きで、あちこちで食べてきたんですが、ここのは特においしい。お店の小さなたたずまいも、町のサイズ感にマッチしています」(woof curry店主 引地さん)。

〈御赤飯 亀屋〉
■神奈川県鎌倉市小町2-10-23
■連絡先非公開
■10:30~18:00(売り切れ次第終了) 
■日月火休

4.餅とこしあんの一体感がいいやさしい甘みの粟大福 。〈長嶋家〉/小町

d3ecc42d45b947b64b7ad2de6b83681a

1921年創業。昔ながらの石臼でついた餅が自慢の看板商品。これから登場するりんごの粟大福も期待大。

d93ae52ac39061812a24930a609fde892
こしあん、つぶあん各178円(税込)

小豆とザラメを銅鍋で炊いた甘さ控えめのあんで、粟の風味を引き立てている。「粟のプチプチとした食感が楽しい」(OXYMORONディレクター 村上さん)。

〈長嶋家〉
■神奈川県鎌倉市小町1-5-8
■0467-22-1369
■10:30~18:30 
■水休

(Hanako1158号掲載:photo : Kanako Nakamura, Hiroshi Harada text : Yukari Akiyama edit : Mutsumi Hidaka heritage committee)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る