61a4bb5cea1a0e814b869ef6474819fe1
2018.07.25

人気ベーカリーの角食パンを使用! 人気食パン×ジューシーカツの最強コラボ!絶品カツサンドが楽しめるおすすめカフェ&喫茶店とは?

行列必至!人気ベーカリーの角食パンとジューシーなカツの最強コラボとは?今回は、絶品カツサンドが楽しめるおすすめカフェ&喫茶店をご紹介します。

1.〈Tokyo Kenkyo〉の「生モッツァの極厚豚ヒレサンド」/神泉

0117_Hnk_kenkyo_3277
「生モッツァの極厚豚ヒレサンド」1,500円
「生モッツァの極厚豚ヒレサンド」1,500円

ボリュームたっぷりの看板商品。ずっしりとしたカツをサンドしているのは〈タルイベーカリー〉が自家製酵母で作る角食だ。当日仕入れたフレッシュな豚肉をじっくりと揚げ、中からモッツァレラがとろ〜りと溶け出すヒレカツは、歯切れの良いトーストと好相性。たっぷり入ったキャベツが一体となって見た目以上にぺろりと食べられる。

0117_Hnk_kenkyo_3271

2.〈煉瓦亭〉の「カツサンドウィッチ」/銀座

b5d25ca14387340b2b8b95a596c00bed

〈セントル・ザ・ベーカリー〉の角食との出会いをきっかけに、伝説のカツレツサンドが一昨年から復活した。

「カツサンドウィッチ」1,800円
「カツサンドウィッチ」1,800円

小麦がしっかり感じられる角食を焼いて甘さを引き出し、脂身を削ぎ落としたカツを挟んで一口大に。自家製マスタードとオニオンスライスが大人の味わいにアップデート。時間をおいてもパサつかないため、お土産需要も高い。

c5639908a6c40fe3cdf5809d057ca88b

(Hanako1128号掲載/photo:MEGUM(I DOUBLE ONE) text:Mariko Uramoto)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る