21018-07-04-20_29_52.996
2018.07.22

話題のエリアに初めて行ってみた! “日本一の出会いの聖地”?!銀座・コリドー街に初潜入レポート! 

銀座と新橋の間にあり、リーズナブルで美味しい飲食店が集まる「コリドー街」。フランクに飲めるバーやオープンな雰囲気のビストロなど、気軽にフラッと入れるお店が多いのが特徴です。そんなコリドー街、実は“日本一の出会いの聖地”としても知られているのだとか。なんだかすごく楽しそう!そこで、コリドー街へまだ足を踏み入れたことのないライターOが思い切って行ってみました。
「コリドー通り」と書かれた看板もあるんですね!
「コリドー通り」と書かれた看板もあるんですね!

とはいえ、何もわからないまま行ってみるのはちょっと不安。そこで、コリドー街の常連(!?)と噂の「Hanako.tokyo」ディレクター・Tさんに3つのアドバイスをもらい、それに従って歩いてみることに。一緒に訪れたのは、友人のYとM。二人ともお酒が大好きなのでノリノリで来てくれました!

1.まずはコリドーグルメを堪能すべし。

まずは一杯。白ワインのサングリア、お酒が苦手なわたしでも飲みやすかった!
まずは一杯。白ワインのサングリア、お酒が苦手なわたしでも飲みやすかった!

コリドー街に着いたのは夜7時。Yが仕事で遅れていたため、まずはMと二人で乾杯! お腹もすいていたので、まずは腹ごしらえ。入り口近くのオイスターバーへ入ってみました。モダンな内装でおしゃれな雰囲気。

世界各地から届けられた牡蠣。大きさもそれぞれ違います!
世界各地から届けられた牡蠣。大きさもそれぞれ違います!

10種以上の牡蠣がある中、今回は広島産と兵庫産の2つをチョイス。実はわたし、コリドー街だけでなく生牡蠣も初体験。口の中いっぱいに海の味がしました……(美味しかった)。国産・海外産を問わずとにかく種類豊富な牡蠣が揃っているので、店員さんに特徴やおすすめを聞いてオーダーしてみたら楽しそうです。

フライ・ガーリック焼き・グラタンの牡蠣3種。どれもクリーミーで濃厚な味わい。
フライ・ガーリック焼き・グラタンの牡蠣3種。どれもクリーミーで濃厚な味わい。

ふと店内を見渡してみると、まわりは女性やカップルばかり。「ここって本当に“出会いの聖地”なの……?」と疑い始めるわたしを、コリドー街経験者のMが「大丈夫、まだまだ夜はこれからだから」となだめます。お腹も満たされたところで、遅れて来たYと合流。

2.立ち飲みすべし。

3人揃ったので乾杯。暑い夜のビール、美味しそう!
3人揃ったので乾杯。暑い夜のビール、美味しそう!

無事にYと合流できたので、Tさんのアドバイス通り、立ち飲みのお店に入ってみることに。まずは3人で乾杯! 男性客も多いし、通りに面してるし、これは出会いが期待できそう!

学生時代からの友達であるYとM。Yはコリドー初体験。
学生時代からの友達であるYとM。Yはコリドー初体験。

と思って3人で飲むこと数十分。まったく誰からも声をかけられません。こんなに可愛い2人を連れているのに、なぜなんだ……! ここで、わたしはあることに気づきました。銀座という場所柄か、コリドー街にいる女性はオフィスカジュアルな服装がほとんど。男性もスーツ姿の人ばかりです。「ねぇもしかして、Tシャツにリュックサックにスニーカーっていうわたしの服装がいけないのかな……?」という不安をオフィスカジュアルなYとMに伝え、店を出ました。

3.一周してみるべし。

「まぁ、まずは端から端まで一周してみようよ」と3人で歩いていると、ここでミラクルが! 男性3人組が声をかけてきてくれました。ありがたい……! いきなりの出会いに若干戸惑いつつも、6人で一緒に飲んでみることに。

道で出会った男性3人組と合流して6人に。
道で出会った男性3人組と合流して6人に。

誘ってくれたお相手は、チャナティップさん、シュナイダーさん、ダニエル太郎さんの3名(もちろん全員仮名)。わたしたちと年齢が近いことがわかり、すぐに打ち解けられました。合コンにも行ったことがないわたしは、初めてのシチュエーションに大興奮。偶然の出会いってすごく楽しい!

今回訪れたお店以外にも、気になるお店がたくさんありました。
今回訪れたお店以外にも、気になるお店がたくさんありました。

一気に仲良くなったわたしたちは話が弾みすぎて、気付けば終電間際。みんな次の日も仕事なので、後ろ髪を引かれつつもダッシュで帰りました。家に着いてからLINEを開いてみると、YとMから「今までのコリドー街で一番楽しかった!」「また行こう!」とのメッセージが。わたしも本当に楽しかった! 一期一会の素敵な出会いを求めて、また近いうちに遊びに行ってみようと思います。

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る