ATARI_Butahoshi-07081
2018.07.20

がっつり食べたい時にはこれ! やきとんにモツに、カレーまで!?豚肉をとことん美味しく楽しめる。東京グルメ4軒

豚肉は、ビタミンCが豊富なので暑くてバテやすい夏には特に食べたい食材。そのまま焼いて食べるのも良いけれど、カレー屋イタリアン風、ギリシャ料理として楽しんでみるのもいいかも!とっておきの豚肉料理が楽しめる東京の4軒をご紹介します。

1.やきとんとレモンたっぷりサワーをぜひ堪能して。〈やきとん ひょっとこ〉/人形町

DMA-_MG_0779

新鮮きわまりない豚の各部位を、備長炭で旨味を逃さず一気に焼き上げるやきとんの名店。

DMA-_MG_0748

筋や脂を丁寧に取り除き串打したやきとん(おまかせ5本700円)は軟らかくてしっとり。3点刺し盛り(1,500円)もぜひ。

(Hanako1153号掲載:photo:Kenya Abe text:Riko Saito)

2.極厚豚肉とカレーの相性は抜群!〈usubane〉/自由が丘

usubane_0056atari

カレーの名店〈ジジセラーノ〉が、惜しまれつつ15年の歴史をとじた。同地に店を立ち上げたのは、喫茶店や農場で働きつつ10年来の熱烈なファンだった薄羽皓一朗さん。大好きなカレーの味を守りたい一心で弟子入りし、スパイスの配合や手順を師匠からみっちり学び味を引き継いだ。

ガーリックとハーブをガツンときかせたポークがインパクト大の「ローストポークカレー」1,500円
ガーリックとハーブをガツンときかせたポークがインパクト大の「ローストポークカレー」1,500円

薄羽さんの自信作は、ガーリックとハーブをガツンときかせたポークがインパクト大の「ローストポークカレー」1,500円。豚肉の表面をカリッと焼き上げた香ばしさが食欲をそそる。

(Hanako1143号掲載/photo : Michi Murakami text : Yumiko Ikeda)

3.国境を超えるモツのうまさ〈豚星〉/武蔵小山

ATARI_Butahoshi-04731

武蔵小山のアーケードから徒歩2分。大きなガラス窓が目印のこちらのお店は、一見昔ながらの大衆居酒屋。

ATARI_Butahoshi-0708

しかし、メニューは新進気鋭。新鮮なモツを使った串焼きだけでなく、イタリアンやフレンチの技法でモツを使いこなし、老若男女を問わず幅広い層が訪れる。普通の大衆居酒屋では食べられない、豚尾のトマト煮込みのせリゾット800円は絶品。酎ハイボールやサワーのほか、ワインも充実しているので是非ご賞味あれ。

(Hanako1121号掲載:Photo Shin-ichi yokoyama,text Mutsumi Hidaka edit

4.これがギリシャ流、豚肉の美味しい楽しみ方〈Spyro’s〉/蒲田

atari_DSC0629

活気あるギリシャの食堂、タベルナの雰囲気そのままに、一人でも大勢とでも楽しめるお店。週末は15時から営業し、本場のタベルナのようにワイン片手に遅めのランチが楽しめる。

atari_DSC0606

週2回のみのランチではギリシャのソウルフード「ポークギロ」1,100円や「ナスと挽肉のグラタン風のムサカ」などが楽しめる。いずれもフェッタチーズがのったサラダ付き。

昼でもワインを楽しみ、シェアしてわいわいと集うのがグリークスタイル。大使館関係者などギリシャ通の常連も多く、カウンター席は現地のグルメ情報を知るツアーデスクのようになるのだそう。

(Hanako1156号掲載/photo : Chihiro Ohshima text : Noriko Maniwa edit : Kahoko Nishimura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る