n_IMG_9247
2018.07.22

SNSで話題のお店。 暑い夏に食べたい!SNSで話題・東京のインスタ映えスイーツ3選

もうすぐ待ちに待った夏休み!この夏食べたい都内で話題のスイーツをチェックして夏休みの都内巡りの参考に!

1.ボリュームも味もLA級!〈UMAMIバーガー〉/表参道

IMG_9247

昨年3月、ロサンゼルスから上陸した〈ウマミバーガー〉。濃厚なミルクシェイクにカラフルなトッピングを加えたスイーツ。各1,480円。パクチーたっぷりのサラダなどヘルシーメニューもあり。メニューはすべてテイクアウト可能。自宅や近くの公園で店と同じ味を楽しむことができる。

dafc3a3c7736c29fbcf6624eaa2df592

木を基調とした店内にはカウンター席、テーブル席、ソファ席がある。外観は欧米を想わせる木造がおしゃれ。

3d7090caccc3d2ad2f6a1d226019203e

〈UMAMIバーガー〉
■東京都港区北青山3-15-5Pottofino内 
■03-6452-6951
■11:00~22:00 
■70席/禁煙 
■umamiburger.jp

(Hanako1143号掲載/text : Mariko Uramoto)

2.上質生クリームを使ったスイーツが大人気。〈milk〉/立川

milk

この夏、渋谷に1カ月限定でオープンした日本初の生クリーム専門店〈milk〉が、新宿に続き、立川にテイクアウトオンリーの店をオープン。生クリームはこれまでスイーツや料理の脇役だったが、主役級の極上生クリームが開発され、大ブレイク中だ。

まずは産地に着目。北海道根釧地区の広大な牧草地で新鮮な牧草をたっぷり食べたストレスフリーの乳牛から、濃厚で雑味のない牛乳を採取。なおかつ、ミルキーかつすっきりとした口当たりに仕上げるため、様々な乳脂肪分の生クリームをブレンド。〈milk〉独自の生クリームを誕生させた。泡立ても工夫し、空気をたっぷり含ませ、舌の上にのせるとさらりと溶けていく極上のテクスチャーに。

Milk Chiffon Cake ミルク シフォンケーキ 生クリームを食べるために作られた逸品。底にシフォンが。700円。
Milk Chiffon Cake ミルク シフォンケーキ 生クリームを食べるために作られた逸品。底にシフォンが。700円。

例えば「ミルクシフォンケーキ」は、シフォン自体が見えないほどの生クリームを堪能した先に、しっとりとしたスポンジ部分が登場するという破格の構造。食べ進めるごとに感動があふれだす。そのほかのアイテムも、上質なクリームがクセになること間違いなし。ぜひチャレンジを。

Milk Chou Cream(ミルク シュー クリーム)各350円。
Milk Chou Cream(ミルク シュー クリーム)各350円。

バー状のシューの中に極上生クリームがたっぷり。新たな人気アイテム。

〈milk〉
■東京都立川市曙町2-1-1 ルミネ立川1F 
■10:00~21:00(土日祝~20:30) 不定休 
■テイクアウトのみ。店先に15席のセルフスペースが。

(text:久冨 俊裕)

3.ただいまSNSを席巻中の懐かしキュートなルックス。〈MELTING IN THE MOUTH〉/広尾

MELTING IN THE MOUTH
DSC07823_atari

看板メニューは、まるでおもちゃみたいなラブリーなフォルムの「ORIGINAL」480円(税込)。オーガニック牛乳を数種類ブレンドしたソフトクリームは、コクはあるのに雑味のない味わいだから、何個でも食べたくなっちゃう文句なしのおいしさ。どこを切り取ってもフォトジェニックな店内は、撮影にもバッチリ対応。シークレットメニューはインスタで。

(Hanako1138号/photo: @6151 text : Mikiko Okai)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る