natari_W5A6832
2018.07.12

台北で和定食がブーム!? 【台湾・台北】器×和定食が楽しめる人気食堂〈小器食堂 中山店〉がおすすめ!

ライフスタイルにしっくりきたことから、台湾・台北で器ブームが起こり、さらに食堂スタイルも浸透!日本の器×和定食が楽しめる、台湾・台北の人気食堂をご紹介します。

素敵な器と本格的な和定食が大人気。

台北では「定食」はおしゃれなものだそうだ。それは器のお店〈小器〉が開いた小さな食堂の影響が大きい。

atari_W5A6856

シェフの白坂志雄人さん。〈小器〉は日本に造詣が深い女性、江明玉さんが、台北・中山の小さな町工場が広がる一角に開いたお店だ。

お隣の〈小器〉では日本の器を販売。
お隣の〈小器〉では日本の器を販売。

台北では朝は豆乳、昼は麺などの小吃(スナック)、夜は夜市ごはんとおいしいものであふれている。単身者の住まいにキッチンがないなんてザラにある話だ。そんなライフスタイルの中で、日本の家庭のように「たとえ外で買ってきた麺も器に盛ってみると豊かな気分になる」という提案をしてみたところ、若い世代を中心に大いに受け入れられて台北に器ブームが起こった。そして、「器のある食卓」をさらにアピールするために開いたのが〈小器食堂〉。

atari_W5A6827
食堂で使っている器。
食堂で使っている器。

料理は日本の定食と同じスタイルにしたら、またたくまに評判となった。人気メニューは「竜田揚げ定食」。

人気の「竜田揚げ定食」340元(約1,240円)
人気の「竜田揚げ定食」340元(約1,240円)

3種のおばんざいがつく。ほかに「特製焼鮭定食」320元(約1,170円)、「特製ハンバーグ定食」340元(約1,240円)もある。毎日手作りするおばんざいとおかず、宜蘭のお米をふっくら炊いて、今日もお客様を待っている。

atari_W5A6823

食堂前の公園は都会の中の和み空間。すがすがしい景観だ。

〈小器食堂 中山店〉/赤峰街

台北市の華山にも食堂がある。この秋にも大型店をオープン予定だ。
■台北市大同區赤峰街27號 
■886-2-2559-6851
■11:30~15:00、17:30~21:00 無休 
■26席/禁煙
(Hanako1156号掲載/photo : Youichi Nagano)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る