ff40dcfae2de8f2a33c5fa7ea05fe3141
2018.07.11

夏とベストマッチング! 豆かん発祥の老舗も!美味しい「豆かん」を味わえる東京の甘味処3軒

素朴なあんこの甘さ、プリッとした食感の寒天、そしてとろりと上からかける黒蜜とのマッチングがたまらない「豆かん」。甘さの中に爽やかさも感じられるからこそ、夏にもぴったりな和スイーツ。豆かん発祥の地の浅草の老舗から、朝から客足が止まない築地の名店まで、東京の豆かんが美味しい甘味処をご紹介します!

1.食べて元気になる!築地の人気甘味処の看板メニュー。〈天まめ〉/築地

「てんまめ」880円(税込)
「てんまめ」880円(税込)

メニューには、生寒天の存在感が際立つ品々が並ぶ。毎日早朝から店内で作られる生寒天。店主いわく「海を固めたような」瑞々しいできたてを提供したいからなのだとか。自家製あんこと煮豆をそえた「てんまめ」は看板メニューだ。ピクルスも、もちろん手作り。

MG_9745

健康的なデザートを求める人に、テイクアウト用の豆かんも人気。開店から11時まではテイクアウト用カップでイートイン可能。それ以降は器での提供。お赤飯に寒天やあんこ、煮豆などをセットした定食「てんまめの里」920円(税込)は満足ランチと評判。

(Hanako1130号掲載/photo:Kaoru Yamada text:Mariko Kataoka)

2.ジャージーミルクのアイスがポイントなまめかん〈花園茶寮あんと〉/新宿三丁目

52A0357

いちおしメニューは、釜出しぬれ甘なつととジャージーミルクアイスをトッピングした「アイスまめかん」940円(税込)。蜜は釜出し蜜と黒蜜を用意。

f5853557b7d6c55f01fd9c837edd85bc

釜出しぬれ甘なつとは〈花園万頭〉の代表銘菓「ぬれ甘なつと」の製造過程でできる秘伝の品で、その味を楽しめるのはここ〈花園茶寮あんと〉だけとあって、それを目当てに訪れる人も。特製の釜出し蜜と共に提供。

(Hanako1138号掲載:photo : Takuya Suzuki text : Etsuko Onodera)

3.「元祖豆かん」で名を馳せる。〈梅むら〉/浅草

「豆かんてん」470円のあんのせ+100円(税込)
「豆かんてん」470円のあんのせ+100円(税込)

赤エンドウ豆のほどよい塩気があんと好相性。

DSC0027_atari

実はここ、豆かん発祥の甘味処。

(Hanako1144号掲載/photo : Satoshi Nagare, Takuya Suzuki, Tomo Ishiwatari text : Etsuko Onodera, Keiko Kodera, Wako Kanashiro)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る