日本人が愛するグルメ!【すき焼・どじょう鍋・ふぐ料理】が楽しめる、浅草の老舗和食店3軒
2018.06.18

一度は堪能したい伝統の味! 日本人が愛するグルメ!【すき焼・どじょう鍋・ふぐ料理】が楽しめる、浅草の老舗和食店3軒

一度は伝統の味を堪能したい、日本人が愛するどじょう鍋にすき焼、フグ料理。今回は、古き良き老舗がひしめく浅草の創業100年超えの名店をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

すき焼き.…〈すき焼 ちんや〉

元は江戸時代にペットとして人気だった犬種・狆を大名や豪商に納めており、明治36年にすき焼き専門店へ。

2種の熟成肉がのる「楓」7,500円(税込、写真は2人前)。鍋は特注の南部鉄器。

「関東で一番甘いんじゃないか」と6代目の住吉さんが言うように、味はとても濃厚。それに負けないよう、肉は4週間ほど熟成させ旨味を凝縮させる。適度なサシ加減で、ぐっと割り下の甘みを感じるが、不思議と食べ応えは軽い。割り下が染みやすい密度の高いネギなど素材選びにもこだわりが。

すき焼 ちんや

すき焼 ちんや

  • すき焼き
  • 浅草駅

どじょう料理…〈駒形どぜう 浅草本店〉

浅草きってのどじょう料理専門店。建物は昭和39年に再建されたが、店構えは古きよき時代を思わせる。

炭火を使う「どぜう鍋」(1人前)1,750円。煮詰まってきたら割り下を足して。

どじょうはお酒をかけ、2種を合わせた甘味噌で煮込んで下ごしらえ。味噌は創業時から、老舗〈ちくま味噌〉が作るここだけのもの。ネギをたっぷりのせてつまむと、じんわり煮詰まったどじょうの身がとろんととろける。時たま感じるごりっとした骨の歯応えも心地いい。お好みで七味と山椒を。

駒形どぜう 浅草本店

駒形どぜう 浅草本店

  • その他日本料理/和食
  • 浅草駅

フグ料理…〈三角〉

日本料理屋からはじまり、フグ料理が評判になったことから専門店へ。

美しい菊花盛りの「フグ刺し」2,900円は「ひれ酒」820円をお供に。

築地で吟味されたフグは、ぐっと歯応えよく上品な味わい。だいだいの香り高い自家製ポン酢にアサツキ&もみじおろしを落としたら、さっとつけて口に運ぼう。またここで欠かせないのが「ひれ酒」。こんがりと焼いたヒレに注ぐのは、昔から辛口の「灘の生一本 菊正宗」。香ばしさが漂い、体もぽかぽか。つい昼から立ち寄りたくなる。

三角

三角

  • その他日本料理/和食
  • 浅草駅

(Hanako1144号掲載/photo : Shinichi Yokoyama text : Wako Kanashiro)

編集部

老舗の天ぷらが食べたい!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
Hanako w/ Seibu2_sidebar
TOPに戻る