静かなひとときを「御茶ノ水」で。ゆっくりできる老舗喫茶店3軒
2018.06.20

打ち合わせにも、デートにも。 静かなひとときを「御茶ノ水」で。ゆっくりできる老舗喫茶店3軒

御茶ノ水といえば、古くから学生街として賑わう街。また少し歩けば神保町や飯田橋もあるアクセス抜群な立地。そのせいもあってか打ち合わせなどにも便利な、老舗の喫茶店が数々あるんです。足を踏み入れれば異空間に入り込んだかのような、どこか懐かしい雰囲気広がる老舗喫茶店をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.澄んだ空気がうれしい!都会のロッジ〈喫茶 穂高〉

御茶ノ水の駅前に突如現れる山小屋風の店が〈穂高〉。近隣は大学街で、昭和30年当時は日本山岳会もご近所。そのなごりで昔も今もスポーツマン、とりわけ山ボーイが集う。建物は日大出身で山好きの建築家・森史夫氏が設計。意外にもマスターは「スターバックスみたいな店」を思い描いていたそうだが、神田川沿いという地の利を生かし今のスタイルに。

マスターが体を壊してからは禁煙に。「そうしたらコーヒーっていい香りだなって」。東京のロッジでいただく一杯は、格別。神田川を見下ろす窓際が特等席。壁の絵は畦地梅太郎氏の作品で、数枚所蔵している。天井が高く見えた方が落ち着く、とテーブルや椅子は低め。車椅子のお客さんも座れるよう、入り口付近は運びやすい軽い椅子を。季節感に気を配り、卓上の生花はもちろん壁の絵画もこまめに入れ替える。


コーヒーはたくさん作ると味に深みが出る、とマスター。「骨董品」の琺瑯ポットで一気に40杯分。食事はトーストだけ。田端の〈グランドベーカリー〉の食パン一斤を4枚切りにした超厚切り。350円(朝10時まで250円)、コーヒー500円。

(Hanako1150号掲載/photo : Kenya Abe text : Hiroko Yabuki)

喫茶 穂高

喫茶 穂高

  • 喫茶店
  • 御茶ノ水駅

2.池波正太郎も愛した、〈山の上ホテル〉の喫茶店〈Coffee Parlor HILLTOP〉

アールデコ調のインテリアが配された、優雅な雰囲気。池波正太郎が描いた絵も飾られる。店内には、3台の水出しコーヒー用の抽出器具が鎮座する。

季節や気温に関係なく、一年中味を均一に保つために氷水を使用している。水出しは、カフェインが少ないのも特徴。上に氷水を入れ、12時間かけて一滴一滴抽出。

水出しの「ストロングコーヒー」700円、新作ケーキ「タルトタタン」1,000円(各サ別)

さらに一晩寝かせて味をなじませてから提供するコーヒーは、雑味やえぐみが少なく、すっきりとした苦みが広がる。水出しコーヒーを使ったスイーツも人気。

(Hanako1150号掲載/photo : Michi Murakami text : Emi Suzuki)

Coffee Parlor HILLTOP

Coffee Parlor HILLTOP

  • 喫茶店
  • 御茶ノ水駅

3.器の可愛さにもきゅん。珈琲を引き立てるスイーツもぜひ。〈古瀬戸珈琲店〉

瀬戸の窯元と縁深いオーナーが1980年にオープン。カウンターの壁一面に並ぶカップは世界の一流メーカーの品から日本の作家モノまで200客以上。これらを選んでコーヒーを楽しめる。

自家製の「シフォンケーキ」は独特のしっとり感が人気。温かい皮に冷たいカスタードを詰めた「シュークリーム」480円(写真)はラム酒を効かせた大人の味わい。

(Hanako1150号掲載/photo : Kanako Nakamura text : Kimiko Yamada)

古瀬戸珈琲店

古瀬戸珈琲店

  • コーヒー専門店/喫茶店
  • 御茶ノ水駅/神保町駅
編集部

初めて行ってもどこか懐かしい。御茶ノ水の喫茶店は不思議な空間が広がっています。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る