これからは日本茶もテイクアウトしよう!東京都内で人気の日本茶カフェとは?
2018.06.18

日本茶ニューウェーブ到来! これからは日本茶もテイクアウトしよう!東京都内で人気の日本茶カフェとは?

日本茶というと、茶室でじっくり飲むというイメージの強いもの。しかし近年、もっと気軽におしゃれに楽しめる日本茶ニューウェーブが到来!テイクアウトでも本格的な味わいを楽しめる、東京の日本茶カフェをご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.最先端でありながらアットホーム。〈幻幻庵〉/渋谷

「お茶は最高のエナジードリンクです」と、店長の田邊瞭さん。店先には茶葉が入ったガチャポン、店内はまるでバーのような空間と、従来のお茶のイメージを覆す遊び心に満ちた店だ。扱う茶葉は、茶師・松尾俊一さんが吟
味してそろえた品。佐賀県嬉野の嬉野茶をメインに、昔ながらの製法の釜炒り茶や、各地の選りすぐりのお茶など、1年半かけてたどり着いた究極のお茶を楽しめる。

お客さんはみなカウンターで楽しそうに、お茶を片手にスタッフと談笑している。そんな豊かな時間も醍醐味だ。お茶には風味を引き出す超軟水、屋久島の縄文水を使用。写真は「玉緑茶 お茶うけつき」450円。40℃、40㏄の湯で淹れることで玉露のような甘味に。ポン酢や塩でいただく出がらしもオツ。

(Hanako1145号掲載:photo : MEGUMI (DOUBLE ONE), Yoichiro Kikuchi (uni stand, artless craft tea & coffee,hayashiyashinbee, ocharaka), Tomo Ishiwatari (ohashi))

幻幻庵

幻幻庵

  • 日本茶専門店
  • 渋谷駅

2.関東初! 本格的なほうじ茶を気軽なティースタンドで。〈加賀棒茶 丸八製茶場〉/品川

創業154年の〈丸八製茶場〉が手がける、香り高いほうじ茶「加賀棒茶」を扱うこちら。店の一角にあるティースタンド〈ティーサロ!〉では4種の日本茶を提供。

新茶である一番茶の茎の旨味を損なうことなく浅く焙じ、芳しい香りとすっきりとした飲み口の「献上加賀棒茶」は、1日に100杯近く出る日もあるほど人気。新幹線に乗る前にもサクッとテイクアウトできるので、ぜひ。昭和天皇に献上した「献上加賀棒茶」HOT350円(税込)

(Hanako1145号掲載:photo : MEGUMI (DOUBLE ONE), Yoichiro Kikuchi (uni stand, artless craft tea & coffee,hayashiyashinbee, ocharaka), Tomo Ishiwatari (ohashi))

加賀棒茶 丸八製茶場

加賀棒茶 丸八製茶場

  • スタンド/日本茶専門店
  • 品川駅
編集部

日本茶をもっとフランクに味わおう!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る