topATARI-1659
2018.06.11

朝ごはんの時間も上質に。 パンもコーヒーも極上!焼きたてを楽しみたい、都内のおしゃれな【ベーカリーカフェ】3選

パン屋さんとカフェが一緒になったベーカリーカフェは、お茶をするときも、ちょっと小腹が空いた時にもぴったり。早起きして焼きたてを狙って行きたい、都内のおしゃれベーカリーカフェをご紹介します。

1.おしゃれな外観に心も踊るカフェ!〈Bridge COFFEE & ICECREAM〉/馬喰町

IMG_2041.atari_1

2017年12月に合羽橋から移転。日本橋から少しだけ足を伸ばした、馬喰町の話題カフェ。〈Little Nap COFFEE ROASTERS〉の豆を使ったラテは力強いコクが美味。パンは〈BEAVER BREAD〉から仕入れる。

カフェラテ480円、ミルクフランス360円、スパイシースコーン300円
カフェラテ480円、ミルクフランス360円、スパイシースコーン300円

美味しいパンとコーヒーで、お腹もこころも満たされること間違いなし。

〈Bridge COFFEE & ICECREAM〉
■東京都中央区日本橋馬喰町1-13-9 イーグルビル1F 
■03-3527-3399
■9:00~19:00 不定休 
■20席/禁煙

(Hanako1153号:phptp&text:Keiko Kuwabara) 

2.NYの「ベイクショップ」スタイルがここに。〈JIYUGAOKA BAKESHOP〉/自由が丘

ATARI-1651

NYの「ベイクショップ」スタイルを東京に広めた先駆的なベーカリー&カフェ。インテリアショップ〈IDÉE SHOP〉4階にある店内は、明るく広々としている。

ATARI-1659

朝一番に焼き上がるパン、焼き菓子が日替わりで並ぶベーカリーコーナー。ドリンクのテイクアウトも可能。
 (Hanako1143号掲載:phptp:Kayoko Aoki,Shin-ichi Yokoyama,Michi Murakami text:Yukari Akiyama,Ai Sakamoto,Yumiko Ikeda)

3.まるでパリのパン屋さん。〈カタネベーカリー〉/代々木上原

フランスパンは7:00・10:30・16:30、クロワッサンは7:30・13:30・17:30に焼き上がる。
フランスパンは7:00・10:30・16:30、クロワッサンは7:30・13:30・17:30に焼き上がる。

2002年にオープンした〈カタネベーカリー〉は、駅から徒歩10分ちょっとの住宅街の中。にもかかわらず、朝から閉店まで人が途切れることなく訪れるお店だ。また、近所の飲食店にもパンを卸していたりと、食のプロも認めるパンを作り続けている。フランスのパン屋のように、〈カタネベーカリー〉は早朝7時から営業する。フランスパンは7:00・10:30・16:30、クロワッサンは7:30・13:30・17:30に焼き上がる。

右から時計回りに「キッシュ」230円、「バゲットフランぺ」220円、「十勝あんぱん」120円(各税込)
右から時計回りに「キッシュ」230円、「バゲットフランぺ」220円、「十勝あんぱん」120円(各税込)

地下のカフェに下り、旅行気分で、「パリの朝食セット」を頼む小さな贅沢。「パリの朝食セット」。

(特別編集HanakoFOOD P20掲載:photo:Kaoru Yamada text:&edit:Kisae Nomura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る