極上のオープンサンドが楽しめる!銀座エリアのおすすめビストロ・ラウンジ。
2018.05.31

パンだってご馳走! 極上のオープンサンドが楽しめる!銀座エリアのおすすめビストロ・ラウンジ。

カジュアルなイメージの強いパンメニューですが、そんなイメージを払拭する極上の逸品をご紹介。フランスの二ツ星シェフが手掛けるブリオッシュのタルティーヌに、神戸〈北野ホテル〉出身シェフによるデンマークのスモーブローといった、パン好きのご褒美メニューをご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈BISTRO MARX〉

パリで二ツ星を獲得しているティエリー・マルクス氏監修の料理と、オリジナルのパン。ユニークなコンセプトに加え、特筆すべきはそのロケーション。

銀座のランドマークである〈和光〉のはす向かいに位置し、7 階から交差点を見下ろすプレミアムなビューはこの店のスペシャリテのひとつだ。

「国産黒毛和牛ロース肉を使用したローストビーフタルティーヌ仕立て」2,400円

名物のブリオッシュは外せない。こちらは低温調理した黒毛和牛の燻製ロースト。フォンドボーソースが引き立て役に。

ランチコースは3種類あって3,800円から。ティータイムにはスイーツとドリンクのセット(1,500円~)がいただける。

「イチゴとピスタシオのヴァシュラン」1,200円

バニラアイスの下にクルミのクランブルとピスタシオが。ミルクのフォームはスミレの花から抽出したオイルで香りづけ。

「季節のフルーツとジュレのパフェ」1,500円

季節感を味わうならパフェを。今いただけるのは土佐ぶんたんの酸味が爽やかな逸品。下層部にはバニラのババロアが。

「ブリオッシュフイユテ」1,500円

マルクス氏の横顔をあしらったボックスにブリオッシュが。お料理を満喫した後に、プチハレ気分を持ち帰れるなんて素敵。

〈BISTRO MARX〉
■中央区銀座5-8-1 銀座プレイス7F 
■03-6280-6234
■11:30~23:00(フード21:30LO、ドリンク22:30LO)、テラスバー21:30~24:00(フード23:00LO、ドリンク23:30LO) 不定休(バー日祝休) 
■74席/禁煙

(photo:Kenya Abe, Akiko Mizuno(Brioche) text:Hiroko Yabuki)

2.〈THE GRAND LOUNGE/THE GRAND GINZA〉

約1,500㎡の空間に、レストランからバンケット、ラウンジ、チャペルまでを擁する〈ザ・グラン銀座〉。その一角に広がるラウンジは90もの席が用意された、待ち合わせ場所として誰もが気軽に使える空間だ。ドリンクと軽食を中心にしたメニューの中でも、人気は仕事をしながら片手でつまめるスモーブロー(デンマーク風オープンサンド)。

牛肉のタタキ、サーモン、タルタルソースのスモーブロー2,000円、モエ・エ・シャンドン グラス1,350円

パンは伝統製法で有名な群馬〈スタイルブレッド〉の品を使用。これを神戸〈北野ホテル〉出身のシェフが絶妙に仕上げる。

〈THE GRAND LOUNGE/THE GRAND GINZA〉
ラウンジ。ショッピングの合間や待ち合わせなどに使い勝手のよい空間。ドリンクと軽食が中心。シーンに合わせて使い分けたい。
■東京都中央区銀座6-10-1〈GINZA SIX〉13F
■03-6280-6129

(Hanako1142号掲載/photo : Yuko Moriyama text : Kimiko Yamada)

編集部

〈BISTRO MARX〉のフレンチトーストとクロックマダムが食べたい!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る