外装からおしゃれ!東京のフォトジェニックな喫茶店&カフェ3選
2018.05.23

〈喫茶 YOU〉のネオンから、渋谷で人気のサンドウィッチも! 外装からおしゃれ!東京のフォトジェニックな喫茶店&カフェ3選

ほっとい一息つきたくなった時のカフェや喫茶店探しの基準といえば、味の美味しさはもちろんのこと、空間のおしゃれさにも重要。今回は、今や毎日長蛇の列の〈喫茶You〉から、チョコレートとコーヒーのペアリングが話題の〈蕪木〉、渋谷で人気沸騰中のサンドウィッチ店まなど、外装からお洒落&魅惑の雰囲気たっぷりの喫茶店&カフェをご紹介いたします。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

【閉店情報有り】1.コーヒーとチョコレートが紡ぐ豊かな時間が過ごせる〈蕪木〉/蔵前

蔵前駅から徒歩7分。入り口側の漆喰の壁に窓はなく、表にはとても控えめな看板のみ。コーヒーの焙煎師であり、チョコレート技師の蕪木祐介さんが開いたこの店は、ネルドリップのコーヒーと自家製チョコレートが楽しめる場所。

小さなドアノブを引いて中に入ると、採光を最小限に抑えたほの暗い空間が広がる。目の前のコーヒーとチョコレートの風味に集中し、和音のように織りなすブレンドの香味やチョコレートの芳潤な果実味が驚くほど響いてくる。

深煎りの「羚羊(かもしか)」700円。チョコレート200円をコーヒーの風味と合わせて。ブレンドは3種。珈琲豆800円~、板チョコレート1,200円

(Hanako1150号掲載/photo : Satoshi Nagare text : Yoko Fujimori)

【閉店情報有り】蕪木

【閉店情報有り】蕪木

  • コーヒー専門店
  • 新御徒町駅/蔵前駅

2.まるでアメリカンダイナー。異国の気分を味わえる。〈BUY ME STAND〉/渋谷

まるで映画から出てきたアメリカンダイナーのような店先は、ここでしか食べられないグリルドサンド目当ての客でにぎわう。

キーカラーである壁の色は、オーナーの山本海人さんいわくティファニーブルーを意識したそう。ウッドを基調としたカウンターとあいまって、クラシックなダイナー風の空間のできあがり。美しい色の壁に映えるポップなイラストは、山本さんの幼なじみでアーティストのナイジェルグラフさんによるもの。

8:00~11:00のみオーダーできるブレックファーストプレート750円。ボリューム満点でドリンク付き。

(Hanako1152号掲載/photo : Tomo Ishiwatari text : Momoka Oba)

BUY ME STAND

BUY ME STAND

  • カフェ/サンドイッチ
  • 渋谷駅

3.ネオンサインまでフォトジェニックな喫茶店〈喫茶YOU〉/東銀座

歌舞伎座の横で40年余り。歌舞伎役者から地元の人まで愛されている。看板のネオンサインは、インスタグラムでも人気になり、あっという間にフォトジェニの象徴に仲間入り!

「オムライスランチ」1,100円は、2種の生クリームをブレンドし優しい甘みに仕上げたオムレツには、硬めに炊いたパラパラのケチャップライスが映える。具材を玉ねぎとベーコンに絞り、口当たりを邪魔しない。オムレツもライスも、さらさらと喉を流れてゆくかのよう。黄

フードは11:30から。ランチは15:00まで、15:00から「YOU飯セット」1,300円(税込)もあるので、夜も楽しみたい。

(Hanako1130号掲載/Photo:HAL KUZUYA text:Hiroko Yabuki,Hanako1150号掲載/photo : Yoko Tajiri text : Kahoko Nishimura)

喫茶YOU

喫茶YOU

  • 喫茶店
  • 東銀座駅
編集部

お店に入る前からテンションが上がりますね!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る