デイリー使いにおすすめ!居心地も抜群の、丸の内のヘルシーな蒸し料理専門店とは?
2018.05.23

丸の内ユーザー必見! デイリー使いにおすすめ!居心地も抜群の、丸の内のヘルシーな蒸し料理専門店とは?

丸の内で働くHanako女子が知っておきたい、蒸し料理専門店〈mus mus〉。オーガニック野菜や旬の食材が楽しめる他に、デイリー使いにおすすめしたいその理由とは?

丸の内HOUSEの中でもひときわにぎやかなのが、蒸し料理専門店〈mus mus〉。

左から旬野菜のセイロ蒸し1,500円、豚の葡萄山椒1,650円。100軒以上にのぼる生産者から、日々新鮮な食材が送られてくる。
左から旬野菜のセイロ蒸し1,500円、豚の葡萄山椒1,650円。100軒以上にのぼる生産者から、日々新鮮な食材が送られてくる。

「街にはコミュニティの溜まり場があって、その中から新しい文化が生まれると思う」というのは、〈mus mus〉を運営する佐藤俊博さん。

9909716231ab5792c4051f30d5d13cb3

「新丸ビルをオープンする時に“新しい街づくりに参加してほしい”という要望があったんです。街はコミュニティが育むものだけど、この辺には住んでいる人はいない。そこで、働いている人が気軽に交流できる溜まり場を作ろうと考えたんです。場所柄を踏まえ、働く人の健康を考慮した食堂を作ったんですよね」。佐藤さんは〈mus mus〉の並びにある、スナック〈来夢来人〉と〈現バー〉も運営。人と人をつないでいる。「幅広い年齢層の人たちが、おいしいごはんとお酒を囲んで、同じ時間を過ごす。それがすごく大事。例えば、食材の生産者と音楽家、OLさんとか。普段、出会わない人たちが交流することは刺激になると思う。気の合いそうな人がいたら、肩肘張らずに声をかけていい場所にしています」

〈mus mus〉

■東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング7F 
■03-5218-5200
■11:00~4:00(日祝~23:00) 不定休 
■46席/禁煙 

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る