DMA-umimachidon_0010
2018.05.11

贅沢ランチにオススメ! 都内で食べられる!カニの身がたっぷりのったおいしい海鮮丼2選

たまには贅沢に海鮮ごはんのランチはいかがですか?お刺身がメインの海鮮丼はもちろん魅力的だけど、今回 Hanakoがご紹介したいのはふわっふわの「カニ」がたっぷり乗った“ピンク色の海鮮ごはん”です!極上のランチタイムを楽しめる海鮮丼のお店を2店ご紹介します。

1.遅めのランチにもうれしい、しっかりおいしい海鮮丼。〈海街丼〉/三軒茶屋

DMA-umimachidon_0003

東急世田谷線三軒茶屋駅の裏手。

千葉県銚子港であがった新鮮な魚が、店に直送。ばらちらし「海宝丼」にて提供される。

「海宝丼 極上」1,980円(各税込)
「海宝丼 極上」1,980円(各税込)

ごはんは白米で提供され、それにすし酢のジュレを混ぜて酢飯に、さらにダシでいただくという3変化が楽しめる。具材は変更あり。

ランクは3種類あり、基本の「並」は、マグロ、タコ、アオヤギ、ベビーホタテ、イクラといった魚介がたっぷり。写真の「極上」となると、それにカニ、ウニ、甘エビ、卵黄がプラス。

umimachidon_0001

ランチは16時までなので、昼時に食べ損ねても、きちんと食事がとれる場所として評判。

(photo : Mariko Tosa, Michi Murakami text : Nami Hotehama)

ごはんを覆い隠すズワイガニ。3段階の食べ方で満喫。〈日本橋 かに福 本店〉/日本橋

日本橋 かに福 本店

創業以来、海の幸を使った多彩な料理を披露してきた店。御かにめし以外にも、かにクリームコロッケなど、カニ好きにはたまらないメニューがそろう。〈コレド室町1〉にも姉妹店が。

名物の「御かにめし」(普通)1,700円は、和風だしが効いたご飯の上に、ズワイガニのほぐし身と魚卵をふんだんにちらしたカニ重。
名物の「御かにめし」(普通)1,700円は、和風だしが効いたご飯の上に、ズワイガニのほぐし身と魚卵をふんだんにちらしたカニ重。

まずはそのまま、次にアツアツのだしをかけて上品に。さらにカニ味噌をだしに溶いていただくと、濃厚な風味と味わいが際立つ。

(Hanako1142号掲載/photo : Michi Murakami text : Emi Suzuki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る