n_BLU-9659_atari
2018.05.13

辛いものが苦手でもいけちゃう! 玉ねぎと肉の旨味×スパイスが食欲をそそる!ドライカレーが食べたくなったら行きたい名店2軒

玉ねぎや肉の旨味×スパイスが食欲をそそる、ドライカレー。今回は辛いものが苦手な人でも楽しめる、ドライカレーの名店2軒をご紹介します。

1.スイーツライター&コーディネーター・chicoさんリコメンド!〈BlueBird〉/吉祥寺

BLU-9679_atari

同じ吉祥寺のカレー店〈モンタナ〉で経験を積んだ店主が開いた〈BlueBird〉。

BLU-9565_atari

「カフェ風な内装なのに食堂みたいにテレビがついていたりして、地方の喫茶店のようなリラックス感」と、chicoさん。その一方で、カレーはしっかり専門店の味。

チーズドライカレー900円(目玉焼きか茹で卵、サラダ付き)、アイスカフェオレ350円(各税込)
チーズドライカレー900円(目玉焼きか茹で卵、サラダ付き)、アイスカフェオレ350円(各税込)

名物のドライカレーは大量の玉ねぎをじっくり時間をかけて炒めているため、独特の甘みが感じられる。「スパイスの爽快な香りとコク、旨味の調和がたまりません。チーズ、卵を混ぜるとまろやかになってまたいいんです」。店主はプライベートでもお友達。自然体な人柄も魅力だそう。

chico/スイーツライター&コーディネーター。本誌をはじめ女性誌を中心に執筆。吉祥寺は旦那さんの地元で在住歴は9年。

(Hanako1151号掲載/photo : Yoko Tajiri text : Hiroko Yabuki)

2.〈Café HAITI〉/中野

156fc744c1654925938920d6cb8b4c33

40余年前に新宿にオープンしたドライカレーの名店。惜しまれつつ姿を消したが、中野で復活!

「ドライカレー」700円(税込)
「ドライカレー」700円(税込)

ハイチの家庭料理をベースにしたというこのカレー。ほどよいしっとり加減に仕上げたドライタイプのカレーを、ライスにかぶせるように円形にトッピング。辛さは控えめで、タマネギと肉のうまみが◎

(Hanako1127号掲載/photo:Kayoko Aoki text:Yumiko Ikeda)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る