n_DMA-_78A1147_170512s
2018.05.09

プチバカンス気分を味わうなら葉山へ! 採りたての魚介料理を。都心からすぐ行けるリゾート・葉山のおすすめグルメ2軒

ハワイに行かなくても、葉山で気軽にバカンス気分を味わってみては?今回は本場仕込みのシチリア料理店をはじめ、都心から近いリゾート・葉山で訪れたいおいしいお店をご紹介します。

1.〈Piscaria〉

木肌の感じが気持ちいい、風の抜ける店内。
木肌の感じが気持ちいい、風の抜ける店内。

イタリアの海沿いの街、カターニアの市場からその名をとったイタリアンレストラン。葉山の街の雰囲気は、海がある風景や漁港の感じが、オーナーシェフの出雲択逸(いずもたくいつ)さんのイメージするそれと近かったそう。海沿いの街らしく、豊富な素材を使ったストレートな料理は、イタリアのカターニアのレストラン仕込み。

トラーパニ風、魚のクスクス(1,500円)
トラーパニ風、魚のクスクス(1,500円)
タチウオのオーブン焼き(2,000円)
タチウオのオーブン焼き(2,000円)

毎朝、佐島港でシェフ自らがピックアップする新鮮な魚介が、どんなふうになるのかお楽しみに。

2.〈カラバシ〉

海風を感じる、森戸海岸前の店の外観。
海風を感じる、森戸海岸前の店の外観。

葉山・森戸海岸の海の家〈オアシス〉の、陸の家的存在のこちら。中に入ると、オアシスの雰囲気そのものの、ゆる〜い空気が。ランチどきには、ベジタコライスや車麩のフライ定食(各980円)、Today’s Curry Plate(1,200円)などが。

Today’s Curryは豆とチキンのカレー(1,200円)
Today’s Curryは豆とチキンのカレー(1,200円)

夜は夜で、今日のお任せおつまみ3点盛り(1,000円)やパクチー&ナッツの白和え(500円)などのベジつまみとともにお酒が楽しめる。水曜はお魚の日ってことで、地ダコやサザエを使った料理も。

(Hanako1135号掲載/photo : Ryosuke Iwamoto text : Kaori Akazawa)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る