n_DSC_4964_atari
2018.05.05

エスニック好き女子会からデートまで! ワインペアリングも秀逸なシドニー発モダンタイレストランも。恵比寿・銀座の洗練されたタイ料理店2軒

ちょっとご褒美気分の時に訪れたい、ワンランク上のタイ料理店とは?ワインペアリングも秀逸なシドニー発モダンタイレストランはデートに、野菜ビュッフェも楽しめる名店はエスニック好き女子会にぴったり!

1.〈Longrain〉/恵比寿

DSC_4915_atari

本場さながらの辛味・甘み・酸味・塩気の効かせ方に工夫を凝らしているモダン・タイ・レストラン。料理のペアには、スパイスやハーブの香りと相性のいいロゼワインを合わせるのがおすすめ。

「ヤムウンセン」2,800円。
「ヤムウンセン」2,800円。

グリルサーモンを合わせた「ヤムウンセン」は、〈ロングレイン〉の“隠れた名品”だ。

(Hanako1146号掲載/photo : Chihiro Oshima text : Kahoko Nishimura edit : Noriko Maniwa)

2.【閉店情報あり】〈サイアムセラドン銀座店〉/銀座

本場の雰囲気が漂う、エキゾチックな調度品に囲まれた店内。
本場の雰囲気が漂う、エキゾチックな調度品に囲まれた店内。
「ランチビュッフェ」1,500円、土日祝1,800円。サラダ(ヤム)や炒め物、カレーなどのランチビュッフェは90分でゆったりと。
「ランチビュッフェ」1,500円、土日祝1,800円。サラダ(ヤム)や炒め物、カレーなどのランチビュッフェは90分でゆったりと。

野菜ソムリエの横井友美加さん監修のビュッフェは、パクチーなどの野菜やタイハーブの恵みがたっぷり。それらの独特な味わいを活かし、現地ホテルで腕を磨いたチェンマイ出身のシェフが、本場の調味料を用いて仕上げる。

タイハーブとピーナッツなどを葉っぱに包み、甘辛いソースをかけて食べる「ミヤンカム」も人気。
タイハーブとピーナッツなどを葉っぱに包み、甘辛いソースをかけて食べる「ミヤンカム」も人気。

(Hanako1130号掲載/photo:Michi Murakami text:Emi Suzuki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る