お取り寄せで旅行気分を味わおう!全国各地の絶品「冷製スープ」4選
2018.05.01

暑い日もサラッと。 お取り寄せで旅行気分を味わおう!全国各地の絶品「冷製スープ」4選

GWに旅行の予定がないというあなたにもおすすめ。全国各地のお取り寄せグルメで、旅行気分を味わいましょう!太陽の日差しが眩しくりつつある今の季節にぴったりな「冷製スープ」をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.【北海道】野菜を食べているかのようなビシソワーズ。〈 ノースファームストック 〉の「北海道野菜のスープ」

広大な北の大地で、太陽の恵みをたっぷりと浴びて育った野菜の旨みをギュッと凝縮したスープ。ポテト味は、丁寧に裏ごしした北海道産じゃがいもの滋味深さを生かした、優しい味わい。素朴ながら、牛乳や生クリーム、バターを加えることで、ほどよくまろやかで、香りも豊か。バゲットにスープを沁み込ませて食べてもおいしい。180g 421円(税込)

■公式HPはコチラ

2.【京都】トマト×パプリカ×味噌の最強マッチング。〈MISO POTA KYOTO 〉の「あの日の花火」

日本の伝統文化が根付く京都から、具材がたっぷりと溶け込んだポタージュのような味噌汁をお届け。夏らしいネーミングが印象的な「あの日の花火」は、有機栽培された栄養価の高いトマトをたっぷりと使い、八丁味噌、麦味噌と合わせているため、夏バテや疲労回復に効果あり。有機パプリカパウダーを入れることで、心地よいスパイシー感も感じられる。160g550円

■公式HPはコチラ

3.【青森】青森産りんご100%。〈 ハーべストジャパン 〉の「りんごの冷製スープ」

りんごの育成に適した風土を持ち、生産量日本一を誇る、りんご王国・青森。丹精込めて作られた糖度13~15度のりんごの果肉と皮を贅沢に使い、冷製スープに。りんごの自然な甘さと香り、ジューシー感を生かすために、水と砂糖は不使用。クリームチーズを合わせることで、なめらかな口当たりが楽しめ、スイーツを食べているような満足感が!200g432円(税込)

■公式HPはコチラ

4.【三重】伊勢海老のエキスたっぷり。〈 伊勢せきや 〉の「伊勢海老スープ」

日本書紀にも「美(うま)し国」と称された伊勢は、温暖な気候に恵まれ、伊勢海老をはじめ、海、山、川の産物がたくさん。このスープは、最高級品の伊勢海老の殻をブツ切りにして、身とともにバターでソテー。それと数種類の野菜を合わせてじっくりと煮込み、生クリームで仕上げているため、冷製でも濃厚なコクと旨みが楽しめる。パスタに合わせても美味。140g 1,440円(税込)

■公式HPはコチラ

(Hanako1137号掲載:photo : Shin-ichi Yokoyama, Kanako Nakamura, Yuko Moriyama, Jun Kato styling : chizu cooking : Yoshie Matsuno, Eriko Ohtsuka, Etsuko Fukumura text : Ai Sakamoto, Emi Suzuki, Kimiko Yamada, Mutsumi Hidaka, Yoko Fujimori)

編集部

これからの季節にぴったりな、全国のひんやりグルメを極めたい!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る