休日こそ朝活で充実させたい!早朝からオープンしている【お洒落カフェ】3選
2018.04.28

充実した一日を目指して! 休日こそ朝活で充実させたい!早朝からオープンしている【お洒落カフェ】3選

普段は早起きが苦手、なんてあなたに!この連休は朝早くからオープンしているカフェで、一日を充実させてみませんか?
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.とびきりの一杯を味わえるホステルのカフェ〈BERTH COFFEE〉で。/日本橋

日本橋 BERTH COFFEE

2018年3月にオープンしたホステル〈CITAN〉の1階に併設されたカフェ。ここでは定番〈オニバスコーヒー〉と、スタッフが宿やカフェのつながりで知り合った国内外のロースターの豆を選べるシステム。それをバリスタがハンドドリップで丁寧に淹れる。

クロワッサンなどの朝食も好評。「コーヒー」450円~、「クロワッサンサンド」3種500円~
クロワッサンなどの朝食も好評。「コーヒー」450円~、「クロワッサンサンド」3種500円~

クロワッサンなどの朝食も好評。コーヒー450円~、クロワッサンサンド3種500円~。

(Hanako1142号掲載/photo : Kenya Abe text : Kimiko Yamada)

2.とっておきのサンドウィッチを食べられる〈café 1886 at Bosch〉/渋谷

1886-0011

自動車機器などを扱うドイツの〈Bosch〉社屋1 階にあるカフェで、評判なのがグルメサンドイッチ。考案したのは肉フレンチの名手〈Mardi Gras〉の和知さん。ライ麦パンとドイツソーセージがコンビの「スラバ」、ザクッとした歯触りのドイツ版ハムカツサンド「ウィーン」など。ドイツワインとともに味わいたい。

1886-0171

ウィーン850円。クミンキャベツがいいアクセント。パンは銀座〈レカン〉がこの店専用に開発。

(Hanako1132号掲載/photo:Kayoko Aoki text:Yumiko Ikeda)

3.乙女心を掴むメニューが満載!〈SUNNY COFFEE〉/日本橋

IMG_2081.atari_1

今話題の日本橋エリアのコーヒースタンド。木をふんだんに使った温かい雰囲気の店内。

IMG_2102.atari_1

ラテアートの描かれたドリンク(370円~)や季節限定メニュー、カフェインレスへの無料変更サービスなど女性にうれしいポイントが満載。自家製の食事系マフィン340円~も人気沸騰中。

(Hanako1153号掲載:photo & text : Keiko Kuwabara)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る