n_1886-013
2018.04.25

上品に、がっつり。 パンとお肉の至福のコラボ。肉好きが食べたい絶品グルメサンドとは?

パンとお肉の至福のコラボ…ハンバーガーもいいけれど、ファストフードの域を超えた「グルメサンド」も見逃せない!肉フレンチの人気シェフプロデュースから、ステーキハウスの極上の逸品まで、肉好きが食べたいおすすめのグルメサンドをご紹介します。

1.〈café 1886 at Bosch〉/渋谷

1886-001

自動車機器などを扱うドイツの〈Bosch〉社屋1 階にあるカフェで、評判なのがグルメサンドイッチ。考案したのは肉フレンチの名手〈Mardi Gras〉の和知さん。ライ麦パンとドイツソーセージがコンビの「スラバ」、ザクッとした歯触りのドイツ版ハムカツサンド「ウィーン」など。ドイツワインとともに味わいたい。

スラバ850円。パンは酸味を抑えて食べやすくし、ザワークラウトとマッシュポテトがつなぎ役に。
スラバ850円。パンは酸味を抑えて食べやすくし、ザワークラウトとマッシュポテトがつなぎ役に。
ウィーン850円。クミンキャベツがいいアクセント。パンは銀座〈レカン〉がこの店専用に開発。
ウィーン850円。クミンキャベツがいいアクセント。パンは銀座〈レカン〉がこの店専用に開発。

(Hanako1132号掲載/photo:Kayoko Aoki text:Yumiko Ikeda)

2.【閉店情報あり】〈GRAIN BREAD and BREW〉/渋谷

58370fb3a48ee8ed76f19c762e5f3aa7

サンドイッチをこよなく愛するオーナーが、世界各国で出合った味をブラッシュアップ。午後3時以降に登場するのが、グレイビーソースにひたして食べるユニークなサンド。バゲット、肉の食感を残しつつクドさゼロの自家製コンビーフ、野菜が主体の技ありグレイビーソースが三位一体のおいしさ! 

「自家製コンビーフ、トリュフオイルとグレイビーソース/ディップスタイル」1,350円。
「自家製コンビーフ、トリュフオイルとグレイビーソース/ディップスタイル」1,350円。

(Hanako1127号掲載/photo:Kanako Nakamura text:Yumiko Ikeda)

3.〈BLT STEAK GINZA〉/銀座

77018b3d94edc69d40e4057e2b2b5254

USDA格付け最高位のプライムビーフが大人気のステーキハウスでは、豪勢なステーキサンドを。

「プライムビーフステーキサンドイッチ」2,160 円は、ハーブと玉ねぎベースのチミチュリソース、パルメザンチーズ、トリュフオイルなどの重層的な味わいがプライムビーフを引き立てる。フレンチフライも止まらない味。コーヒー付き。
「プライムビーフステーキサンドイッチ」2,160 円は、ハーブと玉ねぎベースのチミチュリソース、パルメザンチーズ、トリュフオイルなどの重層的な味わいがプライムビーフを引き立てる。フレンチフライも止まらない味。コーヒー付き。

ドライエイジングのサーロインは驚くほど柔らかくジューシーで、赤身肉の概念を覆す。特注のバゲットやオリジナルソースとの相性も最高。

(Hanako1142号掲載:photo:Kanako Nakamura Text:Riko Saito)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る