フランスで腕を磨いた名シェフによる珠玉のケーキがズラリ。吉祥寺の人気パティスリー2軒
2018.04.21

フランス菓子を楽しむなら! フランスで腕を磨いた名シェフによる珠玉のケーキがズラリ。吉祥寺の人気パティスリー2軒

パリ発〈LIBERTÉ PÂTISSERIE BOULANGERIE〉のオープンなど、ますます賑わいを見せる吉祥寺のスイーツシーンですが、今回はまずおさえたい不動の名パティスリーをご紹介。フランスで腕を磨いたパティシエによる珠玉のラインナップには、トラディショナルなフランス菓子もズラリ。手土産はもちろん誕生日などとっておきの日にもぴったり!

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈á tes souhaits !〉

ブルターニュ地方の四ツ星ホテルでパティシエとしての腕を磨き、数々のコンテストのタイトルを持つ川村英樹氏の店。自身の中に湧き起こるイメージを具現化したスイーツは国産卵やブルターニュ地方独特の塩バターなど使用する素材を吟味している点が美味の秘密。またあまおうやメロン、紅玉など国産フルーツを主役にしたケーキの中でも、和洋の栗を両方使った「モンブラン」は、開店後、1~2 時間で売り切れることもあるこの店の代名詞。

「モンブラン」680円
「タルトタタン」580円
「サントノーレ」580円(各税込)

開店前から行列のできる店だけに、ショーケースの中も瞬く間に空に!

(Hanako1129号掲載/photo:Kanako Nakamura text:Kimiko Yamada)

á tes souhaits !

á tes souhaits !

  • パティスリー
  • 吉祥寺駅

2.〈L’EPICURIEN〉

フランスの星付きレストラン〈ジャック・カーニャ〉でシェフパティシエを務めた金子哲也さんが開いたこの店には、正統で美しいフランス菓子が並ぶ。

シグネチャーケーキともいえる「レピキュリアン」は、シェフ渾身の一作だ。

店内にはイートインスペースも。ショーケースに生菓子が並び始める13時から利用できる。「レピキュリアン」480円、ダージリン602円。
焼き菓子も綺麗でプレゼント向き。
ホールケーキは予約がベター。

(Hanako1151号掲載/photo : Kanako Nakamura text : Kahoko Nishimura)

L’EPICURIEN

L’EPICURIEN

  • 洋菓子・焼き菓子
  • 吉祥寺駅
編集部

近場でケーキを買う時は、〈á tes souhaits !〉が定番です。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
Hanako w/ Seibu2_sidebar
TOPに戻る