DMA-DSC_5333
2018.04.12

バターの香りに誘われて… モーニングにもおすすめ。【恵比寿・代々木上原】で見つけた、ヨーロッパを感じるお洒落ベーカリー

パンの激戦区、渋谷。パン屋さんを通り過ぎても、またパン屋さん!なんてことも。そんな誘惑の多いバター香る街で、異国のようなベーカリーに出会いました。小旅行気分で行きたい、お洒落でこだわりのパンを味わえるベーカリーを2店舗ご紹介します。

1.まるでパリのパン屋さん。〈カタネベーカリー〉/代々木上原

DMA-DSC_5386

2002年にオープンした〈カタネベーカリー〉は、駅から徒歩10分ちょっとの住宅街の中。にもかかわらず、朝から閉店まで人が途切れることなく訪れるお店だ。また、近所の飲食店にもパンを卸していたりと、食のプロも認めるパンを作り続けている。フランスのパン屋のように、〈カタネベーカリー〉は早朝7時から営業する。地下のカフェに下り、旅行気分で、「パリの朝食セット」を頼む小さな贅沢。

DMA-DSC_5333

フランスパンは7:00・10:30・16:30、クロワッサンは7:30・13:30・17:30に焼き上がる。

「パリの朝食セット」。右から時計回りに「キッシュ」230円、「バゲットフランぺ」220円、「十勝あんぱん」120円(各税込)。
「パリの朝食セット」。右から時計回りに「キッシュ」230円、「バゲットフランぺ」220円、「十勝あんぱん」120円(各税込)。

地下のカフェに下り、旅行気分で、「パリの朝食セット」を頼む小さな贅沢。「パリの一ツ星か二ツ星の、安いホテルの朝食をイメージ」と、片根さんは笑う。素っ気ない食堂のテーブルに置かれるカゴ盛りのパン、そのおいしさに感動した記憶が甦る。特に謳うわけではないけれど、このパンには、片根さんのありったけの技と情熱が注ぎ込まれる。クロワッサンをひとかじりしたとき、流れ込んでくる圧倒的なバターの香ばしさは、きちんとバターを折り込み、焼き込む、という職人仕事の積み重ねからしか生まれないものだ。

(特別編集HanakoFOOD P20掲載:photo:Kaoru Yamada text:&edit:Kisae Nomura)

2.西海岸スタイルの開放的なカフェ。〈CROSSROAD BAKERY〉/恵比寿

DMA-crossroad-bakery023

恵比寿西交差点にある使い勝手抜群のベーカリーカフェ。スタイリッシュな店内には、奥の工房で作られた惣菜系から菓子パン、バゲットまで約70〜80種類以上のパンが並び、飛ぶように売れていく。

「 ニューイングランドクラムチャウダー」900円。
「 ニューイングランドクラムチャウダー」900円。
ランチの「“ザ・クロスロード”ローストビーフサンドイッチ」1,400円。
ランチの「“ザ・クロスロード”ローストビーフサンドイッチ」1,400円。

併設のカフェには、その焼きたてパンを使った多彩なメニューが目白押し!食に敏感な恵比寿ユーザーをとりこに。

(Hanako1123号P66掲載:Kanako Nakamura text:Emi Suzuki)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る