洋酒かおる大人のデザート「クレープシュゼット」が楽しめるアシェットデセール専門店2軒
2018.04.09

目の前でフランベしてくれる! 洋酒かおる大人のデザート「クレープシュゼット」が楽しめるアシェットデセール専門店2軒

コース料理の最後に出てくるという特別なイメージが強かったアシェットデセールですが、近年専門店が続々オープンし、より身近に楽しめるように!今回は、洋酒がかおる大人のデザート「クレープシュゼット」が楽しめる2軒をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈ATELIER KOHTA〉/神楽坂

キッチンを囲むカウンター9 席すべてが特等席。目の前で吉岡浩太シェフが作るデザートを楽しみに、スイーツ女子たちが連日席を埋める。

シェフのスペシャリテは「クレープシュゼット」950円(税込)。フランスの古典菓子のひとつで、ソースで煮込んだクレープのこと。まず、薄く焼いたクレープを四つ折りにして、オレンジジュースや砂糖と一緒に煮込む。

オレンジソースでクレープを煮込みつつ、手際よくオレンジの皮を剥いてフランベに。シェフの無駄のない動きにうっとり。フライパンからあがるオレンジの香りがスイーツ欲をくすぐる。

次に、熱したグランマニエ(オレンジリキュール)を青い炎とともに、らせん状に剥いたオレンジの皮をくるくると伝わせてクレープへと落とす。

みずみずしく爽やかなオレンジの香りもご馳走のデザートだ。

(Hanako1122号掲載/photo:Masanori Ikeda(YUKAI))

ATELIER KOHTA

ATELIER KOHTA

  • カフェ/パティスリー
  • 神楽坂駅

2.〈銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ バーメゾン〉/銀座

サブレにピスタチオクリーム、フレッシュバジルや苺がのった春限定の「パラディ・フレーズ」1,600円。

デザートが食べられる喫茶店として神戸の芦屋で生まれたあのパティスリーは、銀座の街でデザートが食べられる素敵なバーとしても展開。

銀座はちみつとフレッシュレモン、クランベリーにシャンパンを注ぐ「シャンパン クランベリー」1,500円。

パティシエ特製スイーツとカクテルが楽しめるなんて♡と、そんな夢のような場所こそ銀座メゾン内のバーメゾン。

しかもここだけの話、スペシャリテのクレープ・シュゼットはサロンより間近でフランベが見られちゃうというのだから行かない理由が見当たらない。

1930年に建てられた由緒あるロマネスク風様式の建築の1 階。チャージフリーで、18:00以降サービス料10%。予約可。

(Hanako1130号掲載/photo:moron_non text:Shizuka Horikawa)

銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ バーメゾン

銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ バーメゾン

  • バー/パティスリー
  • 銀座一丁目駅/銀座駅
編集部

〈ATELIER KOHTA〉はリクエストにも応えてくださり、唯一無二のデザートが楽しめます!!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る