n_harrods_0060
2018.04.02

老舗ティーサロンからラグジュアリーホテルまで 一度は体験したい!伝統的なイングリッシュアフタヌーンティーが楽しめるお店

アフタヌーンティー人気に比例して、巷にはバラエティ豊かなスタイルが溢れていますが、一度は体験したいトラディショナルスタイル。英国で「TOP TEA PLACE」を受賞し日本初上陸を果たしたティーサロンをはじめ、王道の英国式アフタヌーンティーが楽しめる3軒をご紹介します。

1.〈ジュリス ティー ルームス 三越日本橋本店〉/三越前

IMG_4657_atari
「Juri’s フルアフタヌーンティー」2,600円。14:00~17:00。
「Juri’s フルアフタヌーンティー」2,600円。14:00~17:00。

英国焼き菓子をメインにケーキ類とティーサンド、焼きたてスコーンの盛り合わせ。好みの紅茶を選択。

(Hanako1145号掲載/photo : Kaoru Yamada text : Mariko Uramoto, edit : Yoko Fujimori)

2.〈シャングリ・ラ ホテル 東京 ザ・ロビーラウンジ〉/東京

英国式のスタンダードなアフタヌーンティーに浸るなら〈ザ・ロビーラウンジ〉へ。

東京駅から大手町方面を見晴らす眺望。フロアではピアノの生演奏もあり、優雅なひと時が過ごせる。
東京駅から大手町方面を見晴らす眺望。フロアではピアノの生演奏もあり、優雅なひと時が過ごせる。
s_shangrila_0027_atari

グランドメニューとして不動の人気を誇る「クラシック アフタヌーンティー」は、伝統的な洋菓子作りが踏襲された正統派。それだけではなく、現代的なアレンジも加えられているところに、ここでしか味わえないオリジナリティが光る。その時期にしか味わえない旬の素材が使われているので、定期的に訪れるのもおすすめ。アフタヌーンティーはスタンドのほか、3種類のスコーンもついて満足感たっぷり。

(Hanako1142号掲載/photo : Michi Murakami text : Nami Hotehama)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る