n_DSC5678
2018.03.29

汁なし担々麺に麻婆豆腐、チーズタッカルビ… 花粉の辛さも吹き飛ばす!?やみつき旨辛グルメ3選

汁なし担々麺に麻婆豆腐、チーズタッカルビ…辛いもの好きなあなたは何が好き?今回は花粉の辛さも吹き飛ばしてくれそうな、やみつきの旨辛グルメを3選ご紹介します。

1.〈四川担担麺 阿吽〉の「白胡麻つゆ無し 」/湯島

「白胡麻つゆ無し 」830円(税込)
「白胡麻つゆ無し 」830円(税込)

製ラー油の辛みと深いコク、挽きたての香る四川花椒の刺激がたまらない。まろやかな白ゴマと大人の苦みを感じる黒ゴマの2種、辛さとしびれは6段階から選べる。初めての人は2をオススメ。

2.〈陳麻婆豆腐〉の「陳麻婆豆腐」/赤坂

「陳麻婆豆腐」1,330円(税込)
「陳麻婆豆腐」1,330円(税込)

1862年、四川省成都で陳おばあちゃんが生み出した麻婆豆腐。そのレシピを継承し、成都出身のシェフが再現。唐辛子と花椒をふんだんに使い、辛さとしびれがバランス良く口の中で広がる。中国から空輸している葉ニンニクがポイントに。

3.〈市場タッカルビ〉のチーズタッカルビ/新大久保

DK0_8155

チーズタッカルビブームの火付け役となった専門店。大人気の理由は、辛さをマイルドにするため、モッツァレラとチェダーの2種のチーズを使用したこと。

DK0_8075

そして、1週間熟成させたタッカルビソースに、鶏肉を長時間漬け込むこだわりも。ディナータイムは2人前2,480円だが、ランチは1,980円とお得に。

(Hanako1138号/photo : Daiki Katsumata, Jiro Fujita (photopicnic), Ikuko Yanada, MEGUMI (DOUBLE ONE) text : Yukina Iida,
text : Mariko Uramoto, Kayo Yabushita)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る