n_shiro-019atari
2018.03.25

ぽかぽか陽気のこの季節は、フレッシュなスムージーが飲みたい! ジャンキーな満足感ながらヴィーガン仕様!?バラエティ豊かなスムージーが楽しめるカフェ3軒

フレッシュなフルーツたっぷりのスムージーが飲みたくなる、ぽかぽか陽気のこの季節。今回は、一斉を風靡したフォトジェニックなスムージーボンボンにジャンキーな満足感ながらヴィーガン仕様のもの、酒かす入りなど、バラエティ豊かなスムージーをご紹介します。

1.〈shiro 自由が丘店〉/自由が丘

カフェ併設店としては都内初の〈shiro 自由が丘店〉は、コスメからホームケアプロダクトまで「shiro」の全商品を手に取れるブランド最大規模の店。

もともと、スキンケアコスメに酒かすや生姜、がごめ昆布などの厳選された食品を使用している「shiro」。生産者との繋がりを生かし、体にうれしい食事やスムージーなどを提供するカフェも展開している。

「酒かす&イチゴ」のスムージー700円。
「酒かす&イチゴ」のスムージー700円。

2.〈Trueberry 表参道店〉/表参道

「ホイップスムージー(コーヒー)」980円(税込)
「ホイップスムージー(コーヒー)」980円(税込)

たっぷりのホイップは、生のカシューナッツがベース。甘味もデーツでつけた、食物繊維豊富なサイリウムハスク入りスムージーなのだから。コーヒーを使わず、チコリや焙煎玄米粉で、その風味を再現しているのも技あり。

3.〈ELLE café〉/青山

ヘルスコンシャスかつ見た目も味わいも満足させるドリンクやフードが人気なカフェの新名物は、贅沢なスムージー!

151

巨峰を約4分の3房も使用した期間限定の「巨峰ボンボン」1,800円に行列もできる。

(Hanako1122,1143,1146号掲載:Photo:Mariko Tosa,Kayoko Aoki,Kenya Abe Text:Yuko Saito,Eri Tomoi,Kahoko Nishimura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る