n_DSC0058_atari
2018.03.25

スパイス香る濃厚さにやみつき! インドカレー好きが一度は訪れたい名店とは?

濃厚かつスパイシー、そんなやみつきのおいしさで衰えを知らないインドカレー。今回は、わざわざ訪れたい名店2軒ご紹介します。

1.〈SHIVA CURRY WARA〉/三軒茶屋

遠方からの客足も絶えない、カレー好きにはすっかりおなじみの人気店。こっくりとしたインドのカレーをベースに、現地ではイレギュラーな豚肉を使った「ポークチリキーマ」が定番に並ぶなど、ここならではのアプローチも魅力。

「ナマステランチ スペシャル3種盛り」1,150円。主食はプラス100円で選べる「チーズクルチャ&ミニライス」。食後に「黒糖チャイ」150円でひと息。
「ナマステランチ スペシャル3種盛り」1,150円。主食はプラス100円で選べる「チーズクルチャ&ミニライス」。食後に「黒糖チャイ」150円でひと息。

ランチは日替わりのカレーを1~3種類選んでプレートに。スパイスの深みや旬の食材を味わい尽くすなら、3種盛りが正解!

2.〈ダージリン 日暮里店〉/三軒茶屋

カレー専門店、はたまたコーヒー&カレーの専門店は数あれど、紅茶&カレーの両輪で専門を謳う店はどれだけあるだろう?〈ダージリン〉は1994年の創業時から、オーナーのランジャンさんが祖国インドの本物の紅茶とカレーにこだわっている。

オリジナルブレンドのミラジュラティー(850円)に、チキンカシミール(1,150円)とチーズナン(500円)。
オリジナルブレンドのミラジュラティー(850円)に、チキンカシミール(1,150円)とチーズナン(500円)。

料理人もスパイスも店内の家具も、もちろんメイド・イン・インド。重厚なカトラリーやポットなどもいちいち素敵で、雰囲気たっぷりの店内に一歩踏み入れれば、インドのリッチな邸宅にお呼ばれした気分になること請け合いだ。

(Hanako1143,1145号掲載/photo : Mariko Tosa, Tomo IshiwatariMichi, Murakami text : Nami Hotehama, Mick Nomura (photopicnic))

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る