DMA-NoCaffeine_003_P21
2022.10.22

ニッポンのお茶のニューウェーブ。#3 時代が求める、健やかな味。カラダにやさしい低カフェイン茶旋風。

最近、ウェルネスへの関心から、カフェインフリーのニーズも増え、注目を集めているのが番茶やほうじ茶たち。リモートワークでカフェイン過多になりがちな日常の中で、これは必然的な動きなのかも? お取り寄せもしてみたい、低カフェイン茶8選をご紹介。9月28日(水)発売Hanako1213号「新しいニッポンのお茶。」特集よりお届けします。

番茶、ほうじ茶、発酵茶…。時代が求める“健やか”な味。

DMA-NoCaffeine_003_P21

煎茶に対し、庶民派ティーの代表格である番茶やほうじ茶は、総じてカフェインが少なめ。また二番茶、三番茶で作ることが多いので、リーズナブルで気軽に飲めるのも有難い。しかし、そこには長い歴史で育まれた、煎茶や抹茶にも負けぬ手間と技が息づくのだ。
たとえば岡山県美作(みまさか)地方に伝わる、煮汁をかけて独自の甘みとツヤを生む「美作番茶」(7)や、自然栽培の茶樹を茎から刈り取り、丸ごと薪火で火入れする「有機三年番茶」(1)、「川根薪火三拾年番茶」(5)、そしてほうじ茶をフレーバーティーとして楽しむ「苺ほうじ茶」(2)も。さらに日本では珍しい、プーアール茶に似た製法の「碁石茶」(6)や「菩提酸茶」(3)といった乳酸菌豊富な後発酵茶も、ヘルシーさで注目されている。就寝前も安心、飲めば体の芯から温まる。カラダ思いの究極のクラフトティーを、召し上がれ。

〈茶屋 すずわ〉さんがセレクト! カラダ思いの、低カフェイン茶8選。

HANAKO202211_020

1. 宮崎〈宮崎茶房〉の有機三年番茶
釡炒り茶の名産地、宮崎県五ヶ瀬町で、無農薬・有機栽培の茶を送り出す〈宮﨑茶房〉。有機茶園で3年以上のびのび育った茎葉を、晩秋〜冬に手作業で摘採。薪火で平釡を焚き、手炒りで仕上げた隅々まで手仕事の一品。薪火のまろやかさの後に茶樹の滋味が広がる。20分ほど煮出すと美味。90g 864円。
TEL:0982-82-0211
HP:http://www.miyazaki-sabou.com/

2. 熊本〈お茶の富澤。〉の苺ほうじ茶
ほうじ茶に地元素材を合わせ、フレーバーティーに仕上げた個性派。超深煎りの茎茶に、南阿蘇産の有機乾燥イチゴと有機ステビア葉をブレンド。茎茶によって苦味を抑え、深煎りのコクとステビアの甘みがイチゴの風味を引き立てる。人工香料は不添加。ミルクで煮出すのもおすすめ! 50g 810円。
TEL:096-286-2231
HP:https://www.ochanotomizawa.co.jp/

3. 静岡〈晩茶研究会〉の菩提酸茶 2022 寒茶
晩茶とは、自家用のお茶をルーツとする日常茶の総称。こちらは静岡の〈池田園〉〈安間製茶〉〈長峰製茶〉が集い、2020年に発足した研究会による一品。袋井市菩提地区の茶畑で、極寒の時期に収穫した「寒茶」を独自の製法で3カ月半熟成。乳酸発酵による柑橘系の香りと酸味が実に心地いい。20g 1,080円。
TEL:054-624-0671
HP:https://shop.bancha.org/

HANAKO202211_021

4. 滋賀〈茶縁むすび 政所茶〉の平番茶
滋賀県・奥永源寺地域で、約600年の歴史を伝える〈政所茶〉。茶畑は無農薬で栽培され、茶樹の半分以上が在来種だ。平番茶は、成熟した茶葉を木桶に詰めて蒸し上げる昔ながらの製法。桶に詰めた圧で茶葉が平らになるのが名前の由来だそう。口当たり柔らかで、ハーブや薬草を思わせる風味も面白い。30g 450円。
TEL:なし
HP:https://mandocorocha.base.shop/

5. 静岡〈PEACE TEA FACTORY〉の川根薪火三拾年番茶
茶の郷・川根地区で長年放置された茶畑を再生し、無肥料・無農薬で3年以上自然栽培した茶樹から作る「三年番茶」の専門工房。冬に刈り取った茶樹を薪火の鉄釡で焙煎、半年間熟成後、再度火入れ。こちらは樹齢30年以上の在来種で作った希少な一品。木の香や滋味がまろやかに広がる。120g 1,620円。
TEL:0547-59-2758
HP:https://peaceteafactory.com/

6. 高知〈大豊町碁石茶協同組合〉の碁石茶®️
高知県大豊町で江戸初期から受け継がれる後発酵茶。蒸した無農薬栽培の茶葉を1週間寝かせ、さらに茶の蒸し汁と漬け込み二次発酵へ。3〜4cm角にカットし、天日干しを経て乳酸菌豊富な発酵茶に。名前は碁石に似た見た目から。カフェインは煎茶の1/4、ほのかな酸味で、飲めばカラダを整えてくれる。20g 1,296円。
TEL:0887-73-1818
HP:http://514.or.jp/

7. 岡山〈お茶の芳香園〉の美作番茶
岡山県美作地方のみで作られる伝統茶。盛夏に大きく育った茶葉を枝ごと刈って鉄鍋で煮出し、炎天下で天日乾燥後、お茶の煮汁をかけて乾燥...という工程を経ることで、茶葉は美しい艶を帯びる。まろやかな香味の後にほのかな酸味がふわり。この地で幕末より営む〈小林芳香園〉による名品。100g 648円。
TEL:0868-72-0350
HP:https://ocha-mimasaka.com/

8. 埼玉〈奥富園〉の狭山白棒茶 鬼の白骨
江戸期から続く狭山茶の茶園〈奥富園〉の15代目・奥富雅浩さんの意欲作。茶業界で「骨」と呼ばれる茶の茎を、白く膨らむまで芯から火を入れた白棒茶。狭山茶伝統の強火の火入れにより、甘く香ばしいビスケッティな香りを引き出す。煎茶が少々配合され、色味は淡いグリーン。60g 540円。
TEL:04-2959-4789
HP:https://okutomien.theshop.jp/

photo:Kayoko Aoki text & edit:Yoko Fujimori

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る