カウンターの向こうは焼菓子の工房になっている。
2022.10.22

第50回 散歩のレシピ 鎌倉〈POMPON PANTRY〉の立道嶺央さんへ会いに/第50回 なかしましほの散歩のレシピ

料理家・なかしましほさんが、気になるお店とその方に会いに行く本誌連載「散歩のレシピ」。今回は〈POMPON CAKES BLVD.〉から徒歩30秒! 焼菓子やオリジナルのワークウェアなどを販売する〈POMPON PANTRY〉へ訪れました。

鎌倉の人気ケーキ店、〈POMPON CAKES BLVD.〉が数軒先に、もう一つのお店、〈POMPON PANTRY〉をオープンしたのは2018年のことでした。〈POMPON CAKES BLVD.〉近くのお寿司屋さんだった店が空いている話をオーナーの立道嶺央さんが聞いたことから始まります。「何をするか決まっていなかったけど『実験場のように』使ってみたくて」とその物件をすぐに借り、量り売りのコーヒー豆やナッツ、ドライフルーツなど、セレクトされた食材たちを並べたパントリー(食品庫)をスタートさせました。

カウンターの向こうは焼菓子の工房になっている。
カウンターの向こうは焼菓子の工房になっている。
クッキーのアソートなどはオンラインでも販売。(https://pomponcakes.stores.jp/)
クッキーのアソートなどはオンラインでも販売。(https://pomponcakes.stores.jp/
カウンターの向こうは焼菓子の工房になっている。
クッキーのアソートなどはオンラインでも販売。(https://pomponcakes.stores.jp/)

お店に入れば、瓶に入ったクッキーたちが目につきます。毎日10種類前後がお店奥のオーブンで焼かれているクッキーは、子どもたちが買えるようにと、量り売りで1枚からでも販売。私の一番のお気に入りは「アーモンドクッキー」。アーモンドの旨味が凝縮されていて、ほかにはないおいしさ! 1枚ではやめられないのが悩みです。

気に入ったクッキーを指定して、1枚ずつからでも購入可能。親子で来るお客さんも多い。
気に入ったクッキーを指定して、1枚ずつからでも購入可能。親子で来るお客さんも多い。

今はクッキーや調理道具をはじめ、オリジナルのワークウェアブランド「I'mCaker」など、新しい分野にも挑戦して、世界をどんどん広げています。
「I'mCaker」はエプロンやワークパンツ、Tシャツ、エコバッグなどのアパレル。店頭のリーフレットにある「大量生産せず、必要とされている分だけひとつひとつ丁寧に自分たちの手で作る」という言葉通り、デザインは立道さん、縫製はスタッフさんが担当。なんと全工程をPOMPONさんで作っているのです。エプロンを身につけたスタッフさん、「バターのしみができてしまって」とちょっぴり恥ずかしそうですが、いい具合に使い込まれていて、エプロンがなじんでいます。
ただ物を買って終わりじゃない。お店の人と「やっと涼しくなりましたね」なんて世間話をしたり、お客さんはスタッフとコミュニケーションして物を買うという、ずっと大事にしたいものがある〈POMPON PANTRY〉。そこはなつかしの商店そのもの。だからとっても惹かれるのです。

お菓子があり、ウェアがあり、独自の世界観へ。

「I’m Caker」の文字をあしらったエプロン7,920円。文字はシルクスクリーンでプリントされたもの。コットン製なので、気軽に水洗いができて便利。
「I’m Caker」の文字をあしらったエプロン7,920円。文字はシルクスクリーンでプリントされたもの。コットン製なので、気軽に水洗いができて便利。
オーナーセレクトの道具。泡立て器など、〈POMPON CAKES BLVD.〉の店内でも活躍しているキッチン道具を中心に、使いやすいものをセレクトして販売。機能的だけれど、見た目はシンプルですっきり。
オーナーセレクトの道具。泡立て器など、〈POMPON CAKES BLVD.〉の店内でも活躍しているキッチン道具を中心に、使いやすいものをセレクトして販売。機能的だけれど、見た目はシンプルですっきり。
大小のガラスのジャーに入れられたクッキーは、子どもたちの人気者。好きな味を好きなだけ選んで買えるのもうれしい。アメリカのグローサリーの雰囲気。
大小のガラスのジャーに入れられたクッキーは、子どもたちの人気者。好きな味を好きなだけ選んで買えるのもうれしい。アメリカのグローサリーの雰囲気。
〈ソニー〉のカセットデッキはお店の音楽用として購入。70年代、80年代の洋楽のポップスや頂き物の80年代のシティポップスのカセットをかけることが多い。
〈ソニー〉のカセットデッキはお店の音楽用として購入。70年代、80年代の洋楽のポップスや頂き物の80年代のシティポップスのカセットをかけることが多い。
やさしい色合いの3色のトートバッグはオリジナル。高密度で織られた生地は薄手なのに丈夫。ショッピングバッグとしても汎用性が高い。マチなし。グレー、ピンク、水色の3色。各3,520円。
やさしい色合いの3色のトートバッグはオリジナル。高密度で織られた生地は薄手なのに丈夫。ショッピングバッグとしても汎用性が高い。マチなし。グレー、ピンク、水色の3色。各3,520円。
お菓子の道具も販売。クリームの絞り袋、口金、クッキー型などなど、お菓子作りが好きな人にはありがたい。スタッフのお母様が落ち綿で作ったエコたわし660円も人気のアイテム。
お菓子の道具も販売。クリームの絞り袋、口金、クッキー型などなど、お菓子作りが好きな人にはありがたい。スタッフのお母様が落ち綿で作ったエコたわし660円も人気のアイテム。
「I’m Caker」の文字をあしらったエプロン7,920円。文字はシルクスクリーンでプリントされたもの。コットン製なので、気軽に水洗いができて便利。
オーナーセレクトの道具。泡立て器など、〈POMPON CAKES BLVD.〉の店内でも活躍しているキッチン道具を中心に、使いやすいものをセレクトして販売。機能的だけれど、見た目はシンプルですっきり。
大小のガラスのジャーに入れられたクッキーは、子どもたちの人気者。好きな味を好きなだけ選んで買えるのもうれしい。アメリカのグローサリーの雰囲気。
〈ソニー〉のカセットデッキはお店の音楽用として購入。70年代、80年代の洋楽のポップスや頂き物の80年代のシティポップスのカセットをかけることが多い。
やさしい色合いの3色のトートバッグはオリジナル。高密度で織られた生地は薄手なのに丈夫。ショッピングバッグとしても汎用性が高い。マチなし。グレー、ピンク、水色の3色。各3,520円。
お菓子の道具も販売。クリームの絞り袋、口金、クッキー型などなど、お菓子作りが好きな人にはありがたい。スタッフのお母様が落ち綿で作ったエコたわし660円も人気のアイテム。

今回訪れたのは、鎌倉〈POMPON PANTRY〉

_2AC4864

〈POMPON PANTRY〉/ポンポン パントリー
住所:神奈川県鎌倉市常盤355-9│地図
TEL:0467-67-5382
営業時間:11:00〜18:00
定休日:月、最終日曜
〈POMPON CAKES BLVD.〉から徒歩30秒! 焼菓子やオリジナルのワークウェアなどを販売。アメリカの田舎にあるような外観。

Text なかしましほ

出版社勤務の後、ベトナム料理店などを経て料理家に。2006年に〈foodmood〉をオープン。体によい素材のお菓子が評判に。著書に『たのしいあんこの本』(主婦と生活社)が。

Photo 長野陽一

ながの・よういち/日本の島を撮り続ける写真家。書籍、広告、CMでも活躍。独特の世界観の料理写真にはファンが多い。食べ物をまとめた本として『長野陽一の美味しいポートレイト』がある。

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る