和紅茶は〈ノリタケ〉のカップ&ソーサーで。本日は静岡〈井村園〉の「べにふうき紅茶」を、秋の人気作・モンブランと。ケーキセット1,230円〜。
2022.10.21

ニッポンのお茶のニューウェーブ。#2 おいしさがますます進化中! 今こそ和紅茶を飲まなくちゃ。

緑茶大国の日本で今、じわじわと存在感を増しているのが和紅茶。その魅力を体感しに、注目の専門店〈TEA ROOM Yoshiki Handa〉と茶園〈吉田農園〉を訪ねました。おいしさがますます進化中の和紅茶を、今こそ、飲まなくちゃ! 9月28日(水)発売Hanako1213号「新しいニッポンのお茶。」特集よりお届けします。

そもそも、和紅茶ってなに?

その字の通り、日本で栽培し、作られる紅茶のこと。国産紅茶、地紅茶とも。インドやスリランカとは異なる、日本の品種らしい柔らかな味わいと繊細な香りが特徴。もともと明治期から作られていたが、再び注目を集め出したのは2000年代ごろから。とくに2015年前後から和紅茶を集めたコンテストも複数登場し、優秀な作り手を輩出。台湾や中国大陸の烏龍茶の手法を活かす生産者が現れるなど、作り方が多様化しているのも面白い。和紅茶は急速においしさが進化中なのだ。

〈TEA ROOM Yoshiki Handa〉世界の紅茶を知る店主が 夢みた、国産紅茶の専門店。

凛々しい黒服姿の半田さん。
凛々しい黒服姿の半田さん。

下町情緒が息づく、町屋の一角。店主の半田貴規(よしき)さんは、パリ発祥の紅茶店〈マリアージュ フレール 銀座本店〉で経験を積んだ人物。世界中の紅茶に触れ、テイスティングを重ねる日々の中で、作り手の顔が見える国産紅茶に惹かれ、全国の茶園を巡るように。やがて「これほど品種も味わいも多彩な和紅茶こそ、もっと日本の生活に溶け込んでほしい」と昨夏、念願の専門店を開いた。

和紅茶は〈ノリタケ〉のカップ&ソーサーで。本日は静岡〈井村園〉の「べにふうき紅茶」を、秋の人気作・モンブランと。ケーキセット1,230円〜。
和紅茶は〈ノリタケ〉のカップ&ソーサーで。本日は静岡〈井村園〉の「べにふうき紅茶」を、秋の人気作・モンブランと。ケーキセット1,230円〜。
久美さんが作る生菓子は約10種。和紅茶を使ったスイーツも多数。
久美さんが作る生菓子は約10種。和紅茶を使ったスイーツも多数。
和紅茶は〈ノリタケ〉のカップ&ソーサーで。本日は静岡〈井村園〉の「べにふうき紅茶」を、秋の人気作・モンブランと。ケーキセット1,230円〜。
久美さんが作る生菓子は約10種。和紅茶を使ったスイーツも多数。

メニューは静岡や宮崎、茨城などキラ星のような茶園の和紅茶をはじめ、自ら配合するブレンドやフレーバーティーも。さらに銀座〈和光〉のケーキショップで腕を磨いたパティシエの妻・久美さんが作る、〝和紅茶に合うスイーツ”が花を添える。

町屋駅から徒歩7分ほど。
町屋駅から徒歩7分ほど。
左から、オリジナルブレンドの「3時のお茶」10g 600円、定番の「001」(静岡島田べにふうき)15g 2袋1,300円、アールグレイ30g 1,000円。
左から、オリジナルブレンドの「3時のお茶」10g 600円、定番の「001」(静岡島田べにふうき)15g 2袋1,300円、アールグレイ30g 1,000円。
町屋駅から徒歩7分ほど。
左から、オリジナルブレンドの「3時のお茶」10g 600円、定番の「001」(静岡島田べにふうき)15g 2袋1,300円、アールグレイ30g 1,000円。

ティールームでは「小さな体積の中で茶葉に均一に熱が入り、旨みを引き出せるから」と、常滑の急須で抽出。たとえば店の看板である、静岡の名園〈井村園〉の「べにふうき紅茶」なら、鮮やかな赤紅色と桃のような甘美な香りに心が華やぐはず。「ここがお茶に親しむ入口になれば」と半田さん。格別のお菓子とともに、和紅茶の愉しみを教えてくれる。

〈TEA ROOM Yoshiki Handa〉
住所:東京都荒川区町屋3-6-1│地図
TEL:03-6770-3166
営業時間:11:30〜19:00(18:00LO)
定休日:月、火、水曜
席数:8
和紅茶と手作り洋菓子の専門店。町屋の住宅街に2021年7月オープン。詳細は公式HPより

〈吉田農園〉和紅茶界のキーパーソン、さしま茶の作り手を訪ねて。

和紅茶の品種・いずみの茶畑にて。左から、6代目の𠮷田正浩さん、7代目の浩樹さん。
和紅茶の品種・いずみの茶畑にて。左から、6代目の𠮷田正浩さん、7代目の浩樹さん。

茨城県西部で育まれる「さしま茶」。この小さな茶の郷が今、和紅茶の発信地として注目されている。その担い手の一人が、〈吉田茶園〉の6代目・吉田正浩さんだ。
「さしま茶は茶園が30軒ほどの小さな産地なので、栽培から加工まで一貫製造するのは当たり前のことなんです」と吉田さん。こうした背景が柔軟なお茶作りの原動力なのかも。

コンテスト受賞茶の「いずみ1stプレミアム」を、本日は景徳鎮の白磁の蓋碗で。
コンテスト受賞茶の「いずみ1stプレミアム」を、本日は景徳鎮の白磁の蓋碗で。
園内のショップで、茶葉のテイスティングを体験。
園内のショップで、茶葉のテイスティングを体験。
コンテスト受賞茶の「いずみ1stプレミアム」を、本日は景徳鎮の白磁の蓋碗で。
園内のショップで、茶葉のテイスティングを体験。

そして当園の代名詞が、1993年から栽培する幻の品種「いずみ」。10年ほど前に煎茶に加え和紅茶作りにも挑戦し、2017年から中国烏龍茶の製茶法を取り入れたことで、仕上がりが劇的に変化。「いずみ」ならではの芳醇な香りが花開き、コンテストの常連になっていく。園主が中国茶器で振る舞ってくれた受賞茶は、美しく輝くオレンジ色。飲めば「いずみ」の特徴という白い花の香りが広がり、甘い余韻が長く続く…!

いずみは赤い新芽が特徴。
いずみは赤い新芽が特徴。
左から「IZUMI 1st Flush No.1」20g 2,300円、「Yabukita 実生 1st」20g 1,300円、樹齢100年超の在来古樹で作る「百年在来」20g 1,650円。
左から「IZUMI 1st Flush No.1」20g 2,300円、「Yabukita 実生 1st」20g 1,300円、樹齢100年超の在来古樹で作る「百年在来」20g 1,650円。
いずみは赤い新芽が特徴。
左から「IZUMI 1st Flush No.1」20g 2,300円、「Yabukita 実生 1st」20g 1,300円、樹齢100年超の在来古樹で作る「百年在来」20g 1,650円。

取材時、茶畑の蜘蛛の糸について尋ねると、「蜘蛛の巣が張るのは生態系のバランスがとれている、健康な畑の証拠」と吉田さん親子。猿島台地の健やかな茶園から、和紅茶の可能性が生まれている。

〈吉田農園〉
住所:茨城県古河市大堤1181│地図
TEL:0280-31-8827
営業時間:10:00〜17:00
定休日:日、月曜
1839年創業の老舗茶園。古河市内には当園の茶葉が飲めるカフェ〈room’ztea〉もある。詳細は公式HPより

photo:MEGUMI, Shinsaku Yasujima text & edit:Yoko Fujimori

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る