洋食屋さんの美しい空間。
2022.10.14

【大銀座】洋食屋さんの美しい空間。料理記者が選ぶ4軒

オムライスにハヤシライス、名作料理がある老舗洋食店。印象的なしつらえの店が多いのが大銀座ならではだ。おいしさと美しい空間についても、Pさんこと渡辺紀子さんに聞いてみた。

〈煉瓦亭〉銀座に根付くオリジナルメニューと、クロスの所以。

創業は明治28年。西洋料理がホテルや宮中のコース料理でしか食べられなかった当時、親しみのある木のテーブルにクロスを引き、アラカルトで気軽に注文できるようにもてなしたのが〈煉瓦亭〉。日本人の嗜好に合わせようとオリジナルメニューを開発した精神は、今も健在だ。ハムサンドは、ハムステーキをホットサンドで挟んだ形でリニューアルしたばかり。「一度は行くべき老舗中の老舗。昔から活躍するレジスターも必見」(渡辺さん、以下同)

男性も大満足のボリュームハムサンド2,600円。知る人ぞ知る、冷たいジュレのコンソメスープ1,100円。
男性も大満足のボリュームハムサンド2,600円。知る人ぞ知る、冷たいジュレのコンソメスープ1,100円。
1964年の建て替え時に導
入されたレジスター。今も
まだ現役。
1964年の建て替え時に導 入されたレジスター。今も まだ現役。
店主・木田浩一朗さんの趣味でもあるフィルムカメラが、店の棚の
至る所に飾られている。
店主・木田浩一朗さんの趣味でもあるフィルムカメラが、店の棚の 至る所に飾られている。
男性も大満足のボリュームハムサンド2,600円。知る人ぞ知る、冷たいジュレのコンソメスープ1,100円。
1964年の建て替え時に導
入されたレジスター。今も
まだ現役。
店主・木田浩一朗さんの趣味でもあるフィルムカメラが、店の棚の
至る所に飾られている。

住所:東京都中央区銀座3-5-16|地図
TEL:03-3561-3882 
営業時間:11:15~14:30LO、16:40~20:30LO
定休日:日休
席数:110席

〈銀之塔 〉和のしつらえで洋食を。和洋折衷のビーフシチュー。

元々は蔵だった店内は、金庫の鉄扉など当時の趣がそのまま残る。小上がりの畳部屋、和風の座敷部屋だがテーブルと椅子が並べられていたりと、階ごとに違うしつらえはまさに和洋折衷。メニューはシンプルに、ビーフシチューとグラタンのみ。歌舞伎役者の楽屋への出前の名残から、熱々の土鍋で提供している。箸でホロッと崩れる柔らかいお肉は、パンではなくご飯と香の物で。「小鉢、土鍋など和の器で洋食、というのも和みます」。

小鉢2品、漬け物、ご飯が付いたシチュー2,950円。
小鉢2品、漬け物、ご飯が付いたシチュー2,950円。
蔵を改築した店は3階建て。のれんが私たちを温かく迎えてくれる。
蔵を改築した店は3階建て。のれんが私たちを温かく迎えてくれる。
歌舞伎座の取り壊しの際、親しい店に配られたという第4期の屋根瓦の座紋や舞台の檜の板など、階ごとに飾られたインテリアにも注目。
歌舞伎座の取り壊しの際、親しい店に配られたという第4期の屋根瓦の座紋や舞台の檜の板など、階ごとに飾られたインテリアにも注目。
小鉢2品、漬け物、ご飯が付いたシチュー2,950円。
蔵を改築した店は3階建て。のれんが私たちを温かく迎えてくれる。
歌舞伎座の取り壊しの際、親しい店に配られたという第4期の屋根瓦の座紋や舞台の檜の板など、階ごとに飾られたインテリアにも注目。

住所:東京都中央区銀座4-13-6|地図
TEL:03-3541-6395
営業時間:11:30~20:00(19:30LO)
定休日:年末年始休
席数:82席

〈南蛮 銀圓亭〉“正しい洋食”の伝統を、現代に引き継ぐ。

フラッと立ち寄りたくなる洋食店もあれば、居住まいを正してゆっくり贅沢に過ごしたい店もある。ここは後者を代表するような名店だ。まず、木目調の温かい店内に映えるテーブルセットの美しさに驚く。「季節を写したランチョンマットに癒されます」。懐石料理のようなオードブルから始まるコースがメインだが、そこに自分好みのアラカルトを組み合わせるのもいい。気取らない雰囲気が、至福のひとときを演出してくれる。

カニクリームコロッケ2,600円は、カニだしで香り付けした玉ねぎに、タラバガニの身がぎっしり。パウダー状の細かい衣をまとわせ、舌触りも滑らか。
カニクリームコロッケ2,600円は、カニだしで香り付けした玉ねぎに、タラバガニの身がぎっしり。パウダー状の細かい衣をまとわせ、舌触りも滑らか。
イラストレーター・井口喜美
子さんによるランチョンマット。
イラストレーター・井口喜美 子さんによるランチョンマット。
異国情緒あふれる店内は窓まで素敵。
異国情緒あふれる店内は窓まで素敵。
カニクリームコロッケ2,600円は、カニだしで香り付けした玉ねぎに、タラバガニの身がぎっしり。パウダー状の細かい衣をまとわせ、舌触りも滑らか。
イラストレーター・井口喜美
子さんによるランチョンマット。
異国情緒あふれる店内は窓まで素敵。

住所:東京都中央区銀座5-4-8 カリオカビル7F|地図
TEL:03-3573-1991
営業時間:11:30~14:00LO、17:30~21:00LO
定休日:日祝休
席数:50席

〈銀座 みかわや〉非日常空間でいただく、日本のフランス料理とおもてなし。

アイロンがかけられた白いクロスの上でいただくのは、フランス料理の真髄を受け継いだメニューばかり。「洋食というより、日本のフランス料理といったほうが正しいかもしれません。まずは琥珀色に輝くコンソメスープから」。赤い絨毯から2階へと続く螺旋階段、シャンデリアなどのインテリアまで。銀座の一等地らしく、隅々までおもてなしの心があふれる優雅な空間には、訪れた誰もがうっとりする。

ハヤシライスはステーキ用の黒毛和牛肉を使って作る、実は贅沢な一皿。3,000円。
ハヤシライスはステーキ用の黒毛和牛肉を使って作る、実は贅沢な一皿。3,000円。
〈ミューラー〉のシャンデリア。「朝焼け」と「夕焼け」を表現。
〈ミューラー〉のシャンデリア。「朝焼け」と「夕焼け」を表現。
先代店主の夢を現実に。銀座の中心ながら、広い空間にゆったりと作られた螺旋階段は店のシンボルに。
先代店主の夢を現実に。銀座の中心ながら、広い空間にゆったりと作られた螺旋階段は店のシンボルに。
ハヤシライスはステーキ用の黒毛和牛肉を使って作る、実は贅沢な一皿。3,000円。
〈ミューラー〉のシャンデリア。「朝焼け」と「夕焼け」を表現。
先代店主の夢を現実に。銀座の中心ながら、広い空間にゆったりと作られた螺旋階段は店のシンボルに。

住所:東京都中央区銀座4-7-12 銀座三越新館1F|地図>
TEL:03-3561-2006
営業時間:11:00~21:00(20:00LO)
定休日:無休
席数:42席(テラス8席)

Navigator…渡辺 “P”紀子

わたなべ・みちこ/愛媛県今治出身。 文化出版局を経て、フリーの料理記者に。料理本の企画・編集のほか 『CREA』『BRUTUS』『Hanako』でも執筆。

photo : Kenya Abe text : Ami Hanashima

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る