【今日、なに食べる?】映える海老フライ3品
2022.11.23

〝大銀座のとっておき〞を集めました。 【今日、なに食べる?】映える海老フライ3品

日本人には海老好きが多いといわれるように、日式洋食の代表格として、不動の人気を集めている。昭和 41年に日本で初めて発売されたタルタルソースとの相性も抜群で、洋食店ではその組み合わせが定番に。

〈restaurant YAMAGATA〉背筋がぴんと伸びるストレートなおいしさ。

DMA-100A4156

頭を長めに揚げることで丸ごとおいしく食べられるように工夫したエビフライ(1,950円)。海老フライは、そのまま揚げると曲がってしまうが、腹に3カ所包丁を入れることで見目麗しく。玉ねぎの水気をしっかり絞った濃厚なタルタルも後を引くおいしさ。

3代目店主が祖父の代から続く洋食店を受け継いで50年。変わらぬ味を求めて通う常連客も多数。
3代目店主が祖父の代から続く洋食店を受け継いで50年。変わらぬ味を求めて通う常連客も多数。

住所:東京都中央区銀座8-5-1 プラザG8ビル2F|地図
TEL:03-3575-1553
営業時間:11:30~14:30、17:30~21:00
定休日:日月祝休

〈レストラン サカキ〉タルタルの海に浮かぶ 海老フライに歓喜。

DMA-100A4227

ランチ時は行列が当たり前の店で、一度食べたら忘れられないとリピーターを増やし続けているエビフライ(スープ、ライス付き1,380円)。パン粉は二度づけで軽やかに。衣と海老の間に伱間ができないよう揚げ時間にも配慮する。1本360円で追加できるのもうれしい。

1956年に創業し、現在は4代目店主が腕を振るう。夜はフランス料理のコース(7,000円)
を提供。
1956年に創業し、現在は4代目店主が腕を振るう。夜はフランス料理のコース(7,000円) を提供。

住所:東京都中央区京橋2-12-12 サカキビル1F|地図
TEL:03-3561-9676
営業時間:11:30~13:30LO、18:00~20:30LO
定休日:日祝休

〈銀座 みかわや〉大迫力の車海老に 目と心を奪われる。

DMA-100A3611

洋食店の海老フライはブラックタイガーを使用する店が多いが、銀座が誇る老舗では活車海老フライ(時価)を提供。時間が経ってもおいしく食べられるように揚げ油 やパン粉の挽き方にもこだわる。入荷が不規則なため、 早めに店舗に相談をするのがおすすめ。

横浜〈ホテルニューグランド〉で初代料理長のS・ワイルから受け継いだ味を伝え続ける銀座の老舗。優雅な空間にも心がときめく。
横浜〈ホテルニューグランド〉で初代料理長のS・ワイルから受け継いだ味を伝え続ける銀座の老舗。優雅な空間にも心がときめく。

住所:東京都中央区銀座4-7-12 三越新館1F|地図
TEL:03-3561-2006
営業時間:11:00~21:00
定休日:無休

photo : Kaori Ouchi, Yoichiro Kikuchi illustration : Masatoo Hirano text : Keiko Kodera, Ayano Sakai, Yuko Watari edit : Keiko Kodera

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る