【今日、なに食べる?】気分も上がるカニクリームコロッケ3品
2022.11.01

〝大銀座のとっておき〞を集めました。 【今日、なに食べる?】気分も上がるカニクリームコロッケ3品

明治初期の日本の文献に、すでにレシピが記されていたコロッケ。明治 38年頃に銀座〈煉瓦亭〉がメニューに初めてクリームコロッケを掲載。 老若男女を問わず 人気を集め、大正 6年には「コロッケの唄 」が流行した

〈グリルシャトー〉ざくざく衣ととろけるクリームのハーモニー。

DMA-100A4347

ズワイガニがたっぷり入ったカニクリームコロッケ(1個500円)。カニの身、タマネギ、ベシャメルソースの定番レシピで、子どもも大人も大好きな味わいに。粗めのパン粉で揚げるザクッとした食感や酸味の効いたタルタルソースが後を引く味わいで、お酒にもよく合う。

DMA-100A4327

住所:東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビルB1|地図
TEL:03-5521-0205
営業時間:16:30~23:00
定休日:土日祝休

〈日比谷松本楼〉笑顔がこぼれる王道のルックスと上品な味わい。

DMA-100A4291

昔から変わらぬ、ころんとした俵形がノスタルジックで愛らしいカニクリームコロッケ(1,650円)。カニの風味をふんだんに味わえる上品なクリームを、薄衣にずっしり詰めて食べ応えたっぷりに。トマトソースの酸味で、食後感が重くならず、飽きずに楽しめる。

DMA-100A4304

住所:東京都千代田区日比谷公園1-2|地図
TEL:03-3503-1451
営業時間:11:00~14:00、14:00~17:00、17:00~21:00 
定休日:無休

〈レストランあづま〉身のつまったカニ爪が豪華なごちそうコロッケ。

DMA-100A4104

ごちそう感がぐっと高まるカニ爪入りカニクリームコロッケ(1,100円)は、食べる前からそのビジュアルにテンションアップ。ホワイトソースには、茹でた卵を混ぜて食感と風味をプラス。家庭的なほっとする味わいと、爪の先まで身がたっぷり詰まった贅沢さを堪能して。

DMA-100A4114

住所:東京都中央区銀座6-7-6 西六ビル1F・B1|地図
TEL:03-3571-0392
営業時間:11:30~21:50(日祝~21:20)
定休日:無休

photo : Kaori Ouchi, Yoichiro Kikuchi illustration : Masatoo Hirano text : Keiko Kodera, Ayano Sakai, Yuko Watari edit : Keiko Kodera

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る